vol.30/蠍座の世界へようこそ<秋野マジェンタ>

 私は蠍座生まれである。血液型はB。
 あ、話をすすめる前に、私の血液型や星座に対する考え方のスタンスなんかを記しておこうかな。
———信じないーーー
っていうと「信じない」の内容も説明しなければなるまい。うーーん。そうだな。「今日の科学(技術)で解明出来ているものよりも、未知の部分のほうが大きそうな気もするので、いつ生まれたとか、体液の質とかが、人格に影響しないとは言い切れないような気がする。しかし、トピックとして楽しむことは出来ても、星座と血液型を、大事な意思決定の際のキー要素として扱うことはない。」っていう意味の「信じない」。占いや、心霊ナントカもしかり。けど、人が死んだばっかのアパートには引っ越したくないなあ。
 まま、そんな感じで。
 蠍座とB型。
 日本人の皆さんは、私の血液型をかなりの確立で当てて下さる。血液型があてにならないと思っているのに、よくあてられるってことは、もしかして私のほうが、世間で言われているBの行動パターンに洗脳され、そのように振る舞っているということか?私が自分からB「らしく」振る舞っているってこと?こわいなあ。
 星座に関しては、さすがに当たる確立は低いが、蠍座であることをカミングアウトすると、皆一様に「あ、いかにも・・・」。そういう相手は大抵、気の毒なイキモノをみるような目か、畏怖を込めた目つきになる。
 蠍座に関して、ネットの占いのサイトなんかで、どういうふうに見られているのか、調べてみた。以下、蠍座の・・・
【好きなもの】セックス、秘密、親密、信用、感動、本当の意味、真実・・・きらいな人なんているのかい?しかし、セックスが1番上に来るとは。
【嫌いなもの】浅い人、デリカシーのなさ、うわべだけの取り繕い、口約束、不遠慮、お世辞・・・これも、星座カンケーなく、あえて好きに挙げるものでもないよなあ。
【外見】催眠的でミステリアスなエネルギーのこもった視線。体重に関係なく、ウエストが太めの人が多い。美男美女が一番多い星座。人とはちょっと違った服を着ている場合が多い。夜に強いので、バーなどで働く人に蠍座は多い・・・???
【長所】忠誠心、正義感、努力家、アートのセンス有り、自分の価値観に従う強さ、リーダーシップ、ロマンチック・・・そうかな?
【短所】執念深い、感情的で一時の感情に流されやすい、根に持つ・・・執念深くなきゃ、長く努力できないでしょうが!!
【色】深い赤・・・よーするにザリガニの色ってことね。
 とまあ、こんな感じ。
あとは、もう延々と他の星座との相性や、その星座の石や貴石なんかが続く。
 一つだけ当たってると思った事があった。それは・・・
「蠍座は、お金に興味がありません」
そこまで断言されると、ちょっと寂しいなあ。お金欲しいですよ。けどねえ、お金のために、となった瞬間、モチベーション下がりまくるんですよ。ニート気質?
ちなみに、外見的にも内面的にも正反対で、うまくいけばベストのコンビやカップルになるのは、牡牛座だそうで。牡牛座は、感情が一定で、安定を好み、将来にむけ蓄えるのが得意で、家事がうまい。
 いいねえ、牡牛座。
 あ、そうそう、蠍座は美男美女で思い出したけど、蠍座の有名人は、ジョディー・フォスター、ジョン・ローン、パブロ・ピカソ、ヒラリー・クリントン、デミ・ムーア、ニール・ヤングなどなど。どう思われます?
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年5月11日号(vol.144)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-05-10 02:35 | オンナの舞台裏
<< vol.71/赤ワイン+オーガ... vol.23/THE unti... >>