カテゴリ:人妻日記( 33 )

vol.74/学び<人妻日記>

 人間にとって、失恋、浮気、離婚ほど深〜く傷つく事はありません。それにはいくつかの難易度(レベル)があります。
 例えば、初恋などで只遠〜くから見ているだけで満足だった時に起きた失恋をA、とします。そして勇気をふるって告白したが振られてしまったをB、しばらく付き合ってて別れたをC、、、、、と言うように同じ失恋でも心の傷の深さは変わって来ます。それと同じ様に、浮気にも、離婚にもレベルがあります。
 そして失恋A、以降では勿論相手が存在します。人を巻き込みながら、巻き込まれながら、これらは傷つく事になります。それはお互いの人生において大なり小なり、影響を及ぼす事になるのです。
 私事ですが、人生を思い出してみるとレベルAからはじまりました。
 小学2年の時です。転校生だった私に何かと優しくしてくれた、修二君がいました。修二君も転校生が珍しかったのか、私に気があったのかは???でしたが、いつも仲よく遊んでいました。4年生になった時です、修二君は同じクラスの美香ちゃんとつきあっている!と言う噂が流れました。が時すでに遅し、、自分が修二君の事を好きだと気付いた時には、私は失恋してました。
 そして次は、、、勿論B、C、、、と続きました。確かにBよりはC、CよりはD、と辛い失恋を経験したな〜といった記憶があります。
 又恋愛中にも浮気があります。恋愛中の浮気は結婚中の浮気よリ簡単に考えられる傾向が一般的にあります。私も以前、「結婚してないんだからヨカッタじゃない!」と既婚者から言われて、「ど〜違うってさ〜!同じ位いいや〜それ以上傷ついてるんですけど!」完璧見下して言われている!と勘違いしていました。なぜなら結婚してみて、それがわかりました。
 確かに、傷つく傷の深さは同じ、いいやそれ以上でも良いのです。違いはきっと巻き込む、傷つける事になる規模の違いです。それがレベルと比例するのです。(傷つくのが自分達だけでは無い辛さがプラス)
 では傷つけた(振った、浮気した)方は、辛い経験ではないのでしょうか?相手も人間です、少なからずとも好意があった人を傷つけたのですから影響が無い訳がありません。返って傷つけた方がもっと苦しんでいるっといった事は少なくないでしょう。
 では何故、人間はそんな辛い経験をしなくてはならないのでしょうか?お互いの人生に大なり小なりの影響を及ぼす、はきっとお互いにとって、成長する為の学びの経験なのでしょう。辛い経験は人間を成長させてくれる、生きていく上で大事な事なのかも知れません。(遠慮したいけど)
 只それに気付く時は、悩んで苦しんで、くたくたに疲れた後なのですから、、、。生きている以上、死ぬ迄学びと言うけれど、、、、、、。まじっすか?
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年6月29日号(vol.147)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-06-28 02:25 | 人妻日記

vol.73/セックスをしなければ、浮気とはならないのか?<人妻日記>

 例えば、結婚して家庭を持つ男性が、人妻から自分達(夫婦)が上手く行ってない事を相談される。
 それは、毎日の電話通話記録に残ることになる、、、20分、30分と、、。
 それが職場の同僚となると、毎日顔をあわせる事になる。
 或日をきっかけに、男は「仕事が忙しい」を理由に帰宅が遅くなりだす、、、が実は仕事ではなく相談を受けていたから相談に乗っていた。
 相談を受ける事は情と化する。「可哀想に、、、。」そしてその多情は、妻に嘘をついて迄、相談に乗ってあげい!、、、となった。
 嘘をついて迄、会って話を聞いてあげたい、、、気持はそちらに向いてしまった。
 嘘をついている後ろめたさは、又新たな嘘になり妻を騙す。
 そして、、、、嘘はいつかばれる!!
 大抵の人妻は、本能的に「何かがおかしい?」と気付くからだ。
 が人によってその後の行動はちがってくる。(調べる、見過ごす、ETC,,。) 
 さて、それを知った妻はどう思うであろう?
 大抵の妻は、面白い訳がない!
 だから在る妻は相手の女性(相談していた人妻)に直接聞いた。
「家の主人が大変御世話になっている様ですが、どういった御関係でしょう?」
 すると勿論「そんな関係ではない!」といいだす。
 そんな関係?って、セックス迄した関係、ではない!という事らしい、、、。
「ではお宅の御主人が知ったらどう思うでしょう?私は大変に不愉快ですが!」とでも言っておく。すると自分の旦那には言わないでくれ!!ときた!
 だろうね〜誰だって自分の家庭は守りたいもの、、、、。
 ばれたら困る事なら、だったら初めから(相談?)しなきゃいい!
 そんな調子のいい話がまかりとうっている事に在る妻は不平等さえ感じた。
 だって全て調べつくした妻には、裏切られた怒り、悲しみ、苦しみ、がその後襲い掛かるから。
「絶対に許せない!」どうして許す事ができよう!と悩みだす。
 では、これを浮気と言わないとすれば何と言うのだろうか?セックスをしなければ浮気ではない?そんな事はないだろう、、十分に人を傷つけている。
 又、或人は言う、浮気も男の甲斐性だ!浮気位できなきゃ男じゃない!と、、、。本当にそうなのであろうか?
 どちらにせよ、人を傷つける事は、後に責任を強いられるはめになる。
 それを分かってて浮気をする人は決して多くはないだろう。
 全ては、後になって何か大切なものを失ってからではないと気付かない様だ。
 その大切なものが何かは?人各々、お金(財産)、地位名誉、人間関係(友人、親族)、妻子、そして信用信頼。必ず何かを失う事になります。
 それだもの、浮気は楽しいはずです。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年6月15日号(vol.146)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-06-14 13:07 | 人妻日記

vol.72/○○ジョニ−お試しあれ!<人妻日記>

 ここ最近、SOY( 大豆)製品の人気は目覚ましい。EDAMAME(枝豆)からはじまりTOFU、SOYミルク(豆乳)、SOYチーズ、SOYバーガー、SOYチップス、ETC........。アメリカの健康ブームによって身体に良いもととしてかなり注目されてきた。特に枝豆はEDAMAMEとしてSUSHIにつぎ、英語になってしまった様だ。アメリカ人の知人の家におじゃました時、EDAMAMEをスナックとして出された時には私も驚いた。
 私達日本人にとってSOYは無くては成らない食品であり、毎日何かかしらの大豆食品を口にしている。醤油、味噌、納豆、豆腐、、、、、そう!この豆腐!!日本は今や豆腐戦争なのか?と思わせるほどの類似豆腐が現れだした!
 それはまるで男性化粧品か?と思わせるようなネーミング。波乗りジョニ−、風に吹かれて豆腐屋ジョニ−、ジョニ男、男の3連チャン、マサヒロ、男前、ETC,,,,,,,。かなり似たり寄ったりのネーミングは形すらも同じで、どちらがジョニ−さんの本家ですか?とお聞きしたくなる。これって豆腐業界同士揃っての売名行為?とも思えるこの豆腐達、、、実は結構いけているのです!!

●某日本食料品店にて
妻「このお豆腐達、珍し〜ね〜日本から?」
従業員「そうなんです、まだ食べて無いですか?これすご〜く美味しいですよ!」と、○○ジョニ−を指差した。
妻「そ〜、、どんなかんじ〜?」
従業員「そうですね〜とてもクリーミーでそのまんまお塩だけでも、美味しいです。」
妻「塩だけ?ウ〜ンいいね〜美味しそっっ、、。」ラーメンでも天麩羅でも、塩派の私としては見のがせない!簡単だし。と○○ジョニ−を買い物かごに入れ、レジに向かった、、、するとレジでも。
従業員「妻さ〜ん!これ美味しいですよね〜!!」
妻「うん、そう聞いたから買ってみたんだけど、、、そんなに美味し〜んだ〜?」
従業員「ハイ!お豆腐じゃないみたい!とろけるんです。」「あっでも、電子レンジでチンはしない方がいいです、、、とけますから、、。」ギャグか??と疑いながらもお会計を済ませ、店をでた。

●そして我が家で、、、。
妻「評判良いからジョニ−買ってきたよ〜!」
旦那「ジョニー?ああ豆腐ね〜日本からのだろ〜今色んなのあるよな〜。」さすが料理人の旦那は目敏くすでに知っていた。
妻「とろけるらしいよ〜。」
旦那「どれどれ、、、、。うん!なかなかいけるな〜!他のも食べ比べてみたいな〜!」
妻「うん!デザートみたいだね〜、、、でもさ〜豆腐で$10だよ〜!」
旦那「最近ガソリン高いからな〜。」
妻「、、、、、?」航空賃ってことか。主婦としては、もう少しお安くならないかな?とも思いますが、、。しかたない、ジョニ−さんは本当に美味しかったですから!ヘルシーなデザートとしてこれからアメリカでも流行るかも?さすが日本のものは繊細で美味しいな〜!と改めて実感しました。皆さんもお試し下さ〜い。(いろいろあるから迷っちゃいますけどね!)
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年5月25日号(vol.145)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-05-15 16:14 | 人妻日記

vol.71/赤ワイン+オーガニック<人妻日記>

 美味し〜いお手頃な赤ワイン!とうとう、見つけました!その名は「The Organic Wine Works」カリフォルニア産オーガニックワインです。(USDA保証付き!)ドライでありながら深赤色、ほのかなブドウの香りがフルーティーきめが細かく飲みやすく、後口に残る甘味が快く後をひく、、、、。(かなりやばい!)お値段も何と$9.99、近所の酒屋ではいつも売れ切れ品切れ、、、で実は大人気!なのです。f0055491_2361886.jpg
 最近のマイブームが身体に良い、健康に良い物だ〜い好き!とある意味、健康オタクになってきた私。実際にかなり極めてビール等であった私が、赤ワイン等とまさにビールとは性反対の性質のアルコールにはまるとは、、、。
ビールは夏に、冷え冷え〜のつめた〜いとこをグググイ〜ッと!!、、、、炭酸の喉ごしを気持よ〜く味わいながら、、もう一杯!。と先に述べた赤ワインとは飲み方、味わい方が全く異なる、、。
しかし健康オタク化したと言えども、毎日アルコールを飲んでしまう悪習慣はなかなか改善されない。なら!どうせ飲むなら!身体に良い赤ワイン+オーガニックとなった。(初期、健康オタクです。)と言うのも、、実際自分の周りをよ〜く観察してみると、私より年上の女性達は赤ワイン派が多く、実に年齢的にも!健康を意識しだしたか私?とも思われる。
 赤ワインに似合う料理の定番、と言えば肉料理。しかし実際多くの健康オタクはベ−ガン(菜食主義)化する。
事実、鳥豚肉好きの私は我慢している、、、なんで?ってことだけど、、。(身体に良いから?)
でも、好きなのに我慢する!と言う事はストレス化する。健康に身体に良いと思って止めても、止めた事にストレスをためていれば同じ事、イイヤ!ストレスをためる方がもっと悪いかも。
 だってね〜私事ですが、先日ドクターに「きっとストレスですね〜、何ですか〜?」と診断された。そして、私が出した答えは、、「最近お肉食べて無いんです。」だったから、、。(実話です)
 ニューヨークは今、空前の健康オーガニックブームなのかもしれない。
実に、何処にいってもオーガニックの文字を目にする。(ワインも、、しかり。)
そしてオーガニック=身体に良いものと認識されている。
しか〜し!!オ〜ガニックとは言え食べ過ぎ飲み過ぎれば?であり、気にしだしたら切りが無い。
それより!なにより!気にし過ぎてストレスをためない事です。
 というわけで、、、今晩の御飯は冷た〜いビールに鳥の手羽先(塩焼き)!いってみま〜す!!(タン塩もいいかな〜、、。)
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年5月11日号(vol.144)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-05-10 02:36 | 人妻日記

vol.70/子供は欲しいと思っても……<人妻日記>

 私が結婚したのは35歳の時、もうすぐ4年になる。翌年から人妻日記の連載をさせてもらった。その第1号に、結婚して仕事をやめた理由を「年齢的には決して早くない結婚、いずれは子供が欲しいから。」と書いていた。そう!確かにこの数年、ぼちぼちと仕事はしながらも先ずは子作り!といった思考が私の優先順位となり、現在進行形である。
 あっというまだったな〜もうすぐ39歳だ!ここ迄くると「ど〜にかなるでしょ〜!」とか「成るようにしかならないでしょ〜!」と焦りも無くなる。決して開き直った訳でも諦めた訳でもない、が前向きに適度に自分を大切にしてあげるようになったのかもしれない。そんなふうに思える様になったのも、、。
 先日、40歳の時に体外受精をして、今2歳になる子共がいる女性と知り合った。彼女は自分の体験談から、40歳で自然妊娠できる確率の低さからくるストレス、よりは体外受精の確率生、あえて体外受精を選んで本当に良かった話をしてくれた。そして子供を望むのであれば一日でも早い方が良いとアドバイスをくれドクターも紹介してくれた。その時、私は彼女に合ったのは偶然じゃないかもな〜っとおもった。それは、実際に私が体外受精をするとかしないとかでは無くて、それを挑戦する事ができる可能性もある!事を感じ自信に繋がったからだ。
 タレントの向井亜希さんと元プロレスラーの高田延彦さん夫婦がアメリカで代理出産をしてもうけた子供(双子)の出生届不受理が最高裁で確定してしまった。翌日、代理母のボランティアを公募するとして、某またにティークリニックの院長と今回代理出産を依頼した30代女性が共に記者会見し公表した。この30代女性は生まれた時から子宮が無く、向井亜希さんの勇気ある公表で代理出産の可能性を知ったと話していた。しかし、日本産婦人科学会では、未だ倫理規定で代理出産が認められず「現行法」産んだ人が母親、私的にはよく理解できない法である。そうあくまでも私的ですが、まず今の時代DNAでしょう!医学が進んで高齢出産も増えているのに、これでは日本の少子化問題、自ら首を絞めているようなものでは無いでしょうか?私は同じ女性として代理母の門をポジティブに受け止め改正していただける事を期待します。
 子供は欲しいと思っても、簡単には産まれてきてくれない。そして、そんな子供を望む夫婦はこの世の中にた〜くさんいます。産まれる事への可能性はそんな人の心を救ってくれる。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年4月27日号(vol.143)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-04-25 04:01 | 人妻日記

vol.69/凄い体験!足裏マッサージ<人妻日記>

 4月に入り、やっと春らしくなってきました。ここニューヨークでは、イースターホリディを使って春休みを楽しむぞ〜!と勢いのあるエナジーを感じる今日この頃です。そして日本では新学期がはじまります、そう!春になり色々新たな事がスタートしだしました。
 そんな陽気も気持も新鮮、活気に溢れ気持の好いこの時期なのですが、私的に昨年位から始まったアレジーに悩まされ始まるのも、正しくこの時期なのです。
 ニューヨークに住んで早16年。よく同じ所(地域)に10年以上(長く)住むとアレジーになりやすいと言うのを例えで、コップの中(自分の体内中にコップがあるとする)に少しずつ溜まっていったアレジー水が容量オーバーになってしまい、溢れ出してくるのがアレジー発祥のメカニズムです!的事を聞いた事がある。が、それが原因か否かは別として、とにかくアレジーは辛い。特にマンハッタンのようなコンクリートジャングルでは花粉や色々なホコリが舞いまくる。晴れてお天気の好い日は最悪、外に出たいようで出たくない。だからといって家に隠っている訳にも行かない。
 そんな矢先、御世話になっているTさんから足裏マッサージのお誘いがあった。なんでもその先生の技は足の裏を見ただけで、その人の何処が悪いかがわかり、処置(マッサージ)後は凄いデトックス効果と快眠と減量と、、、、、ETC、と言う事で中国4000年の歴史にチャレンジした。
 数年前にも足裏マッサージにはまり通っていた私は、当時の「痛きもち良い」感じを想像。当日は、そそくさに仕事を切り上げ直行!期待と楽しみが私の足を早めていた。
「こんにちわ〜」時間に間に合ってホット一息、先生〜いいや見るからに職人ちっくなお父さんに御挨拶。そしてフッと彼の手元を見る、と3、4種類のマッサージ棒があるではないか、、、そしてその一つにはちょっと太めの釘に近い、鉄の棒が、、、、、もしや、、(ちょっと恐くなる)。
「それでは御願いしま〜す」と座って1分しない内に私は悲鳴をあげていた「んぎゃ〜〜!いた〜〜〜〜い!!」
 やはり先生は、その棒を見事に使いこなしながら「○×○×(中国語なので何と言っているか解らない)痔、○×肝臓、甲状腺〜〜○××。」と悪い所を見事言い当てた。(ちなみに奥さんが英語で通訳してくれる)
 さすがに痔を当てられた時はびっくりした(なぜわかる?)そして痛きもち良いどころかかなり痛い!(はじめてだし)正に凄い体験だった。
 な〜んだか年々増えてく身体の悪い所。それにを補うかのごとくジムに通い、足裏マッサージもしてみる、良いと聞けば飲むビタミンの数々、今年は〜健康診断しなくっちゃ!
 と言う訳で、いろいろ試している今日この頃です。
 足裏効果??結果報告は次回をお楽しみくださ〜い。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年4月13日号(vol.142)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-04-12 02:29 | 人妻日記

vol.68/グレーの選択<人妻日記>

 日本野球球団に裏金問題発覚、その裏金問題を隠そうと隠ぺい工作を図っていたと大問題になっているS球団。そして、その犠牲になったのが某大学野球部S選手。これは本人からの謝罪会見で明らかになった問題、だがその責任として大学野球部側から退部処分を受けたのがS選手本人だった。
 裏金は確かに良くない事なのだろうし、良くないと分かっているから隠ぺい工作までした。これは紛れもなくS球団側の責任であり、果たしてS選手は退部しなければいけなかったのだろうか?彼はこれから日本の野球界で活躍してくれるはずの期待の選手ではなかったのか?S球団側だって、裏金払って迄欲しい選手だったのだろう。裏金問題じたい昨日今日にはじまった事ではないのではないか?何処の世界でだって裏金は水面下で動いている?では何故今回はこんなに明るみに大問題に迄なってしまったのだろう、、。私は只、今回の事件でS選手の野球選手生命が絶たれない事を願う、、。
 世の中には確かに良い事と悪い事が存在する。でも良いか悪いかの選択は人各々ちがうわけで、事と次第によっても変わったりする。只、良くも悪くもない、とか、どちらでもないと言ってしまうと何かいい加減に聞こえたりもする。 良いか悪いか?は白か黒か?とも似ている、そして色にはグレーが存在する。そんな微妙な感じのグレーって実は大事ではないか?白じゃなくて黒でもなくて、グレーって感じ!微妙に白っぽかったり黒っぽかったり、、。そんなグレーの存在が、なぜか心地よい。白黒つけたい人は勝手につけるが良い、がそれが全てではないーはず。
 今の私達は毎日新しい色々な事柄、情報を知る、それを教えてくれるのがテレビのニュースであり新聞であり、マスコミによって色々な情報を得る事ができる。では、その色々な情報、果たして全て私達が知らなければいけない事なのだろうか?全てためになったりする事なのであろうか?私は知らなくても良い事や、そんなに大袈裟に問題にしなくても良いんじゃないの〜?と思う事が多々ある。 結局、今回の裏金隠ぺい問題も、裏金より、隠ぺい(隠した)事が問題だった。はじめっからS球団側が隠さずに「ハイ、裏金〜渡してました!少しですけどね〜」くらい言って認めていれば、ここ迄叩かれず、S選手だってここ迄追い込まれなかったのでは?月々20万づつ計一千万円、な〜んてせこい事は言わずに、アメリカのメジャーリーグを少しは見習って責めて一億〜『表金』で払ってあげて下さいよ〜。S球団だって、今年アメリカのメジャーに凄い選手を育てて出した、素晴らしい球団ではないですか〜! グレーの選択、、、色んな方向から優しく広く前向きに考える事ができる、そんな存在。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年3月30日号(vol.141)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-03-29 04:20 | 人妻日記

vol.67/『今週、私は朝帰りをしました』<人妻日記>

『今週、私は朝帰りをしました』
 な〜んて、どっかのドラマのタイトルを真似てみました、、がドラマの様にドラマチックなお話ではありませ〜ん。
 実は久々に、友人Kちゃんと食事(飲み)に行き、いつもの様に酔って気分がよくなった私達は、にじか〜い!と勢いよくカラオケに行ったのでした。
 最近のカラオケは、いちいち電話帳の様に厚いブックをめくらなくてもコンピューターでちょちょいのちょい!と曲を選ぶ事ができるから選曲も早いし、簡単。だから、次から次へと、、、歌いまくりが可能なのです。
 その日は、たまたま知人で年下の男の子達が来ていてジョイント!
 何だかホストクラブみたいじゃ〜ん!とオバサンパワー全快。
 あまりの楽しさとボックスといった個室の条件が重なりあい、気付いた時にはすでに朝。楽しいと、あっ!という間に時間が過ぎる、とはよく言ったもの。正にそのと〜りになったと言う訳です。
 さて、私達はここで素晴らしい発見をしたので紹介します。
 その日の午後、(電話で)
K「もしも〜し、大丈夫だった〜?」
妻「ダメダメ、まだ酔っぱらってるよ〜。」
K「私も〜、、。でもさ〜すご〜い!私、痩せてるよ〜、、体重減ってるもの。」
妻「ホント?」っとつかさず体重計に乗った私、、、、。
「私もだ〜。すご〜い!ジムよりいいね〜。」
 今年からジムのメンバーになっていたが、なかなか体重は減ってはくれてなかった。
K「カラオヶって実は体力いるな〜、いいな〜、又行こ〜!」
 確かに朝迄、飲んで歌っていりゃ〜そうなるかもしれない。
 しかし、楽しく酔っぱらいながら歌い、ダイエット迄できる!こんな簡単ダイエット新発見!ぜひお試しあれっ!
 20代前半、東京の池袋に住んでいた私は、必ず飲み会の前に通っていた場所があった。それは、電話ボックスとそう変わらないくらい小さな、カラオケボックスだった。
 当時は確か一曲100円位、本当にただ歌うだけ。飲み会前に新曲をマスターする、ただそんな理由だった。でもそんな甲斐あって知らない男性(おやじ)からチップをもらった事があった。上手かった訳ではないと思う、が成果がでた?出来事だった。
 さて、30代後半はニューヨークでカラオケ通いか?
 ダイエットって事なら、旦那にも良い言い訳になるし〜。
 本音を言うと、若い男の子がいると尚更いいんだけど(完璧オバサンになったようだ)
 ギャバクラやギャバオヶがあるんだから、ホスオヶ?だめか〜。
 ま〜そんな余裕がある女方は少ないだろ〜。
 ではせめて、会員制ジムの様に会員制カラオケ、月99ドル。
 私だったら、今のジムやめてメンバーになるかな〜。だって〜本当に簡単にダイエットになる、+飲み過ぎれば次の日も食欲無しで体重激減って事も可能!ですから。
(但し、身体に負担をかける事になりますので健康な人に限ります。)
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年3月16日号(vol.140)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-03-15 05:13 | 人妻日記

vol.66/とりあえず100歳まで<人妻日記>

 先日、某デイリー新聞にシニアの話題として、今年1月4日に世界最高齢の人になった百十四歳の皆川ヨ子(よね)さんの記事が載っていた。よねさんは、1893年(明治26)1月4日、福岡県に四人姉妹の長女として産まれ、結婚後は早くに夫を亡くし、1人で5人の子供を育てたそうだ。今では7人の孫12人のひ孫、2人の玄孫(やしゃご、孫の孫)に恵まれている。そんなよねさんの長寿の秘訣を周りの人は「自立心が強く、きれい好き、規則正しい生活、旺盛な食欲にちょっぴりお酒好き_。」と分析していた。私は、この最後のちょっぴりお酒好き!と言うところがなんとも可愛く思う。日々一生懸命に生きて、でも自分への御褒美にちょいと一杯!なんて、、、なかなか粋なお婆ちゃんではないか。私も毎日晩酌しているので、なんだかよねさんの様に元気に長生きできそうな気になってきた。(ちよっぴりじゃないからダメか〜。)

 さて、私はいったい何歳まで生きるのだろうか?そんな疑問、誰もが抱いた事はあるはずだと思う、、、だが答えはわからない。きっと誰もが平均寿命を基準に、自分は80歳!だのいいや〜60代でもういいよ〜!だの勝手に予想している。しかし100歳まで生きたい!と言う声はなかなか聞かないのは、、何故だろうか?たしかに、年を重ねると共に人間体調が悪くなり、加齢に伴う病気や障害がでてくる事がほとんどだ。病気と戦いながら、障害に悩みながら生きるのは辛い、だから長生きしたくない、そんな考え、答えが浮かんでくる。仕方の無い事かも知れない。よねさんの様に体調の方も、少し耳が遠くなってきて体力が低下してきたが、血圧などの数値はすべて正常値、と良好太鼓判を押されれば、人間、200歳迄長生きしてみるか〜!!となると思うのだが。そう!私も健康に気をつけて、とりあえず100歳迄生きてみたいかな〜?

 Aちゃんは先月2歳になった。今は、よく食べ、よく遊び、よく笑い、よく泣き、よく歌い、よく喋る。お酒はまだ飲めないものの、自立心がでてきて、規則正しい生活に旺盛な食欲は、正に長寿の秘訣そのもの、と私は分析する。この間なんか♪チョウチョ〜チョウチョ〜菜の葉に止まれ〜〜を見事最後迄歌いきった。正直、全歌詞を知らない私は、こんなちぃちゃい子が〜凄い!と驚いた。そして自分で自分に御褒美の拍手!!、、、なかなか親に似ずに賢くなってきた?と目に見る成長ぶりには期待させられる。ちなみに、今度は♪ずいず〜いずっころばし〜〜ずい!を教えてもらう予定なのですが。

 元気なお婆ちゃんに元気な子供!から学ぶ事って、実はた〜くさんあるようですね〜。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年2月23日号(vol.139)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-02-22 16:24 | 人妻日記

vol.65/錯覚が成すワザ<人妻日記>

2月14日はSTバレンタインズディーです。
すでに街では、ウインドウディスプレーに始まり、プレゼント用に靴下、下着などの商品達までが、赤やピンクのハートマーク?でうめつくされてきました。カワイ〜かも?と一瞬の少女化現象で思わず御購入!してしまいそうになる自分に驚く今日この頃。だが現実的に旦那にハート柄のパンツは似合わない。想像しただけで?絶対履く訳がない、、。
ではこの?商品達を身につけて似合う人達とはどんな人達か???となると私的には小さな子供達か80才過ぎのおじ〜ちゃん達かな?

美容師の仕事をしていると、似合うとか似合わないにといった言葉に敏感になる。ヘアースタイルを創る、そこで一番重要なのは本人の趣向、好き嫌い。基本的には好きだから似合う!といった法則が存在する。例え500ドルを払って有名へアースタイリストにカットしてもらっても、本人が気に入らなければ意味がない。だがその法則も往々にしてパートナーや第三者、プロの意見に左右され、錯覚をおこす、又はおこさせる事がある。どちら側のの錯覚にさえよ、、、、最終的には嫌いも好きになる。

Sちゃん(日本人女性32才)の朝は、毎日髪にクルクルとホットカーラーを巻く事からはじまる。雑誌CanCanモデルのエビちゃんをお手本に、ちょっと年齢的にギリ状態だが、茶パツにしてフワフワ〜クルクル〜と頑張っていた。
確かに20代の女の子達が読む雑誌、だが私もこんなふ〜に〜!といった乙女心?は年齢に関係なく女性なら誰しもある事、綺麗可愛いは女の永遠の課題。
そんな彼女の旦那さんは彼女のクルクル姿にアレレ?を感じていた。そんながんばらなくたって、自然でポニーテールの似合う、黒髪にストレート!そうアンジェリーナ、ジョリーみたいな方が良いんじゃないか?と言う。確かにアンジェリーナは素敵だが、、、。

商品と見方によってはただの馬のシッポ?まして黒髪ストレートは日本人の本来の髪質であり、もっとも普通で簡単なスタイル。(まんまじゃん!てこと。)
だが確かに、まんまも言い様である。アンジェリーナとなると何かカッコイイ!
と言う訳で、Sちゃんはエビちゃん?からアンジェリーナ?に大変身した。
お互いの錯覚のおかげで夫婦はラブラブ、愛でたし愛でたしと。ちなみに錯覚とは、外界の物事に対するまちがった知覚、と辞書にはのっています。

そんなこんなで、、、。ラブラブ?って〜のはある意味、錯覚のなす技なのかも知れませんね〜。
それでは、皆さんもハッピーバレンタイン!(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2007年2月9日号(vol.138)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2007-02-07 16:23 | 人妻日記