カテゴリ:2万円でどう?( 49 )

vol.49/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■リンゴのジャム風味。
昔から、字が汚かったりします、僕。
自覚していたことではあるんですが、
「ぶくさんの字を読めるんだから、私、クサビ文字だって読めると思います。」
って言うのは、やっぱり言い過ぎだと思う。
この国は、どこまで自由なんだろうと思う。

■晴天を誉めるなら。
年々、つまらない人間になっているように思います。
いや、若いころが面白い人間だったかというと、そんなことはないんですが、漠然と面白くないなあと。
「うんこちんちん」
で笑っていた頃が懐かしく思います。
(うんこちんちんで笑う、40歳男子は如何なものかと思いますが。)

■脱臼る(だっきゅる)
親切にしてくれているのは、理解してます。
それでも、娘が僕の全身にリンスを塗ってくれるのは、ちょっと迷惑と思うわけです。
(僕は、リンスを必要としない人生を今日まで送ってきたし、これからもそうなんだよって、娘に話せる時がやってくると良いなと考えます。)

■盛りの記憶。
タバコの煙の行方を、目で追ってみたり。
帰宅中、頬で冷たい風を感じてみたり。
娘とふたりで、道端の草を眺めてみたり。
上手く説明出来ないのですが、そのうち僕は、ポックリと死んでしまうのかなと思いました。
冬になりました。

■パンを焼きながら、待ち焦がれている。
疲れているような気がします、僕。
たぶん疲れています、僕。
高い確率で疲れています、僕。
こんな疲れてしまったときは、なんだか人恋しい気分になったりします。
そっと静かに、
後ろから力士に包まれたいとか思います。
(まだ余裕があるなとも思います。)

■緊急な贈り物。
「酒でも飲んでないと、やってらんない。」
と思う位、僕は大人になりました。
ですが、体弱っていて思う程酒が飲めない事態が問題だと考えるわけです。
飲み過ぎとか心配してるし。
明日のこととか考えちゃうし。
内臓に優しくとか思っちゃうし。
ロックンローラーのつもりだったので、少しだけ残念に思います。
人生後半戦なのに気がついて、少しだけ残念に思います。
でも実は、それほど残念でもないのが大変残念。
久しぶりに、外でお酒飲んだ帰りの電車の中のバラッド。
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年12月26日号(vol.180)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-12-26 21:48 | 2万円でどう?

vol.48/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■深呼吸の定義、その2。
昼休み、職場の女子達の話を聞いていたら、この世の中に
「多機能ブラ」
とかいうものがあるらしいです。
限界点の低い40歳男子僕ですから、
「留守電機能でも付いてるのかな。」
くらいしか想像出来なかったりですが、
きっと、とてつもない事が出来るに違いないと思います。
少なくとも、こんな時代ですからメールくらいは出来るはず。
(きっと出来ないはず)
アンテナ伸ばせば、テレビくらいは観られるはず。
(きっと観られないはず)
もしかしたら、アンテナ伸ばさなくても、テレビくらい観られるかも。
(アンテナは関係ないかも)
すごく詳しいことを知りたいところですが、僕の本能が
「それは追及したらダメ」
と言っているので、静かにしていようと思います。
ずっとそっとしておこうと思います。
きっとこの世の中には、知らなくて良いことか幾つかあって、
「多機能ブラ」はそのなかのひとつと思う。

■再定義。
早起きは苦痛だし、最近は夜更かしも苦手。
どうすりゃ良いのか、漠然と思います。
いつだって眠いのに、寝つきが悪いしすっきり眠れません。
どうすりゃ良いのか、漠然と思います。
お腹が痛いんじゃなくて、お腹の中全体が痛いです。
じっと、手をみます。
遠いところまで来ました。
当初の予定とは違っているようにも思います。
歩きましょう。
ちょっと嫌になるまで歩きましょう。
それで歩きたくなったら、また歩きましょう。
繰り返しのようで、繰り返したりはしてないと思います。
繰り返してると思ったときが、繰り返しているんだと思います。
現役感を大切にしたいです。
そんなことを思うようになったら、それは歳なんだと思います。

■もう、いかないで。
仕事が忙しかったわけです。
ちょくちょくあることですが、今日は特に忙しかったわけです。
仕事が終わった後、みんながそれぞれ
「自分が一番忙しかった。」
みたいなことを言うので、それは如何なものかと思ったわけです。
なんでも自分が一番なのかと。
自分中心の世の中なのかと。
相手の立場になって考えることが出来ないのかと。
ひとつ、はっきりさせておきたいのは、
「今日、一番大変だったのは僕です」
ってことです。
ほんと、忙しかった。
ほんと、大変だった。
ほんと、ほんとだった。
世界は、僕を労えと思う。
(上司の僕がこうだから、他の人はこんなでも仕方ないでしょ、って話。)

■陽はまたのぼりくりかえす。
ほんとに思っていることと心にもないことを、同じ温度で発言出来るようになったら、それは大人と思うよ。
(嫌な大人だけどね。)
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年11月28日号(vol.179)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-11-24 23:52 | 2万円でどう?

vol.47/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■まわるヘッドライト。
なんだかイライラするわけです。
悪の心、真っ最中。
最近で一番イライラしてるわけです。
悪の心、真っ最中。
このままでは、プラスチックゴミを可燃物の方に捨ててしまいかねない。
悪の心、真っ最中。
このままでは、ガムとか噛みはじめてしまいそう。(それは別に構わない。)
悪の心、真っ最中。
アロハとか着て、サングラスを「グラサン」て呼んでしまいそう。
(それも別に構わない。)
悪の心、真っ最中。
悪の心、真っ最中。

■しゃっくりママさん。
いつだってそうなんですが、体調が悪かったりするわけです、僕。
そんな様子を見て
「後でマッサージしてあげる。」
なんて、優しい彼女は言ってくれたわけです。
結婚して良かったなあ。
って思いながらすでに五時間が経過。
もう少しだけ待ってみようと思ってますが、
彼女は2時間前に寝てしまっているので、きっとマッサージは実施されないんだと思う。
結婚して良かったなあって思いながら寝ようと思います。
もう人類は滅びると良いね。
(心に悪の花が咲き乱れ中な、ここ最近。)

■○高。
職場の人から
「顔の汚れで、特に酷い部位として『Tゾーン』と『Uゾーン』があります。」
なんて話を聞きました。
要は、顔全部ってことかと思いました。
もしくは、鼻の下以外全部ってことかと思いました。
秋になりました。
ご自愛下さいって思いました。
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年11月14日号(vol.178)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-11-13 06:22 | 2万円でどう?

vol.46/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■雲がちぎれるとき。
風がゴーゴー吹いています。
(彼女は時々、「風がビョービョー吹いてる」なんて言い方をしますが、その表現は感心しないなと思います。)
この風が、なんで夏に吹かなかったのかと思います。
少し過ごしやすい夏になっただろうにと。
きっとこの風は、冬になると吹くのだろうと思います。
厳しい凍えるような寒さになるんだろうと。
声を出すのもシンドイ夜。
こんな大人になる予定ではなかったと思う夜。
将来、というより明日はどんなだろうと考えます。
それでも自分くらいは、自分のことを褒めなくてはいけません。
でないとやっていられません。
風はやっぱり、ゴーゴーです。
ビョービョーって吹かないと思います。

■エコバス。
人生は担々麺だと思う。
意味はみなさん各々が、よく考えたら良いと思います。
僕も、ちょっと考えてみます。(言いっぱなしってこと。)

■絶対イエローのマーチ。
男子たちで話をしたりすると
「女子は若い方がいい。」
なんてことになったりします。
全ての男子がそうなわけではないですが、
そんな男子が結構な数いたりします。
僕はあまりそういう拘りはなかったりするんですが、娘と一緒にいると、
「若いって凄い。」
なんて思ったり。
触れば、指が気持ちいいし。
話を聞いてたら、耳が気持ちいいし。
抱っこすれば、体重が心地いいし。
無茶な要求も、そんなに悪くない。
そんな風に思うので、
「パパ死んでみて。」
って言うのは止めて欲しいなあって思います。
そんな感じに思います。

■刺青の男。
職場の人に
「ブログをやってます。」
と言ってだけなのに、いつの間にか
「ぶくはポエムを書いている。」
ということになっていたりしてビックリなわけです。
人間の思い込みの恐ろしさを知る。
否定しても受け入れてもらえないので、
開き直って
「君は花。花の香りを纏って風の回廊を行く。ウォウウォウオー。」
なんて言ってみる。
「ブクはポエム作家」
と確定の話となり、更にビックリ。
夢よ覚めろと思います。

■恋することのもどかしさ。
なんだか色々面倒で、色々終わりにしておきたいと思ってみたり。
じっと手をみたり。
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年10月31日号(vol.177)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:34 | 2万円でどう?

vol.45/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■素直になれなくて。
好きで中年になったわけではないですが、年を取るのは素晴らしいと言っておきたい。
体に脂肪が付きやすくなったりして、素晴らしい。
そういう生き物になったんだと思います。
芋虫が蝶々になるように、
夜が朝になるように、
僕も変化の時期になったと見るべきでしょう。
それで必ずしも、美しく変わるとは限らないと認識するべきでしょう。
なので職場の人に
「ぶくさん、お腹が出てますよ。」
なんて発言は、聞かなかったことにしようと思います。
生まれてから40年、腹筋なんてついたことないんですから、腹なんて出たい放題だってこと。
社会人として、そのくらいのことは予想して発言するべきってこと。(とんだ逆ギレってこと。)
腹が出てて、何が悪いと言いたい。(とんだ開き直りってこと。)

■カタカナ・ゴールデン。
子供のころから、人にマッサージするのが好きだったりしました。
今でも彼女にしたりするんですが、最近はちょっとした時間があると、娘にもしたりします。
血行を良くしてね。
筋肉ほぐしたりね。
根拠はひとつもないですが、娘が大人になってからも健康でいるようにね。
勿論根拠はないですが、娘が歳を取ったときも元気でいられるようにね。
そんなこと考えながらマッサージしてる僕は、結構病気が末期な気がします。
(親ばかという病気が)

■風のシルエット。
随分昔にも書いた気がしますが、我が家の冷蔵庫がまた凄いことになってりするわけです。
臭いというより、もう異臭と呼んでも良いと思う。
国内では、納豆に次ぐ発酵する食べ物を開発してるんだと思います。
きっと近い将来、大変健康になると思います。
特許なんか取っちゃって、金持ちになる予感です、僕。
それで洗濯したはずなのに、服がこんなに匂うのも、たぶん健康グッズかなにかを開発中なんだと思う。

■べりー、ふぇいます。
基本的に香水とかは付けない彼女から、昨日白檀の香りがしたわけです。
香りがしたことにも驚きましたが、あまり趣味嗜好が合わないのに、僕の好きな香りがしたことにも驚いたわけです。
驚いたので、こうして日記に記しておこうと思います。

■眠いんです。
というわけで、これから深浦加奈子さんの「お別れ会」に行ってきます。
深浦さんのお姉さんから
「もう少し元気になったら、またブク君にマネージャー頼もうかなって話をしてたんだよ。」
なんて連絡もらったりしたせいか、ちょっと感傷的な気分で向かいます。
長いようで短い付き合いだったなと。
結局、彼女と娘を会わせることも出来なかったなと。
昔、まだ彼女と知り合いになるもっと前、
深浦さんはまだあまり売れてなくて、
大石と志保を誘って、舞台を観に行ったことを思い出したり。
そう思うと、知り合って随分経つんだなと。
20年か。
というわけで、深浦加奈子さんの「お別れ会」に行ってきます。
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年10月17日号(vol.176)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-10-18 07:21 | 2万円でどう?

vol.44/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■デリコなんて言うらしいね。
今日は彼女の誕生日だったわけです。
僕は休みで娘は幼稚園。
久しぶりに、日中は二人で遊びにいこうかと思っていたんですが、彼女は用があって出掛けたんでした。
どうも人生って上手くいかないねって話。
しっくりこないこと山の如し。
■100%ダイナマイト。
実物の僕を知ってる人は驚くでしょうが、職場の一部の人達から
「イケメン」
て言われてたりします。
もしかしたら、地味に虐めにあってるのかもしれませんが
この思い出だけで、残りの人生を過ごそうかと決心します。
人生後半戦のある日ってこと。
■メーター、4メーター。
今日は、頭と首と肩と背中が死ぬほど痛いわけですが、死んだことがないので、これが本当に死ぬほどなのかは疑問なところなわけです。
だから大丈夫だろうと。
なんだか大丈夫なんだろうと。
がんばれ、日本のお父さんってこと。
娘が
「明日の朝は夜だよね?」
とか言ってて大変シュールと思います。
■負けないバラッド。
血便は何度もあったんですが、昨日初めて下血を体験したわけです。
ちょっとだけ驚いた。
彼女には話しておこうと思ったんですが、早く寝ちゃったし今朝も起きてこないしで、まあタイミング逃したのかなと。
そのうち治るだろうと。
すごいな中年って思います。
もう若くないなと実感します。
■カサブランカ。
若いということは、素晴らしいことと思います。
健康だしね。
無理がきくしね。
無茶も出来るしね。
失敗も恐れないしね。
でも若いって、ちょっとカッコ悪い。
そういうの含めて素晴らしいんでしょうが、それでもやっぱり若いってカッコ悪い。
僕は40歳なんですが、若いころより今の方が良いような気がします。
負け惜しみに聞こえるかもしれないですが、今の方が良いような気がします。
体調は悪いですが。
物覚えも悪いですが。
無理が出来ないです。
無茶や失敗は、出来ればしたくないです。
友達が非常に少ないです。
それでもやっぱり、今の方が良いような気がします。
だから今の僕は良いのでしょう。
来年の僕はもっと良いし、10年後なんていったらもう大変。
少しずつ良くなります。
ちょっとずつ良くなります。
■そっとふたりでいいます。
映画が公開されて以来、職場の人が
「腹の上のポニョ」
とか言ってたりして、大変憂鬱。
きっとこんなことを言ってる人が、この国にはあと2000人はいると思う。
政府は何をボンヤリしているのかと。
政治不信。
(おおげさ)
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年9月26日号(vol.175)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-09-26 06:09 | 2万円でどう?

vol.43/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■音頭の季節。
僕の家は貧乏だったりします。
残念な気持ちですが、貧乏だったりします。
その中でも順位みたいなものがあって、
たぶん娘が一番お金持ってると思います。
その次が彼女。
その次が、
というか最後は僕。
そんな最後の僕に、時々ですが彼女が、
「10円貸して。」
なんて言うのは如何かと思う。
貸してという割りに返してくれなかったりするので、
この歳になってカツアゲかと思う。
格差社会ってこのことかと思う。
それで本題。
財布に3円しか入ってないので、
「10円貸して」
と言われたら大変困りますって話。
(すごく困るって話。)
■はーとびーとしてぃ。
世界はもう少し、落ち着いてみたらどうかと思う。(漠然と、でもスケールの大きな話)
■無限の大宇宙。
40年も生きているので、たくさんの人たちと知り合いました。
全部の人が良い方だったわけではありません。
そのかわり、良い方も確かにいました。
年上だったり年下だったり。
男だったり女だったり。
他の人たちからは、ダメな人と言われてましたが、僕にとっては良い人もいました。
そんなたくさんの人たちから、たくさんの影響を受けて今の僕がいるわけです。
少し大袈裟かもしれないですが、でもだいたいそんな感じと思います。
そんなたくさんの人たちのなかでも、重要な影響受けたベストテンの1位を争うような人がふたりいます。
ひとりはとても年上で、まわりからは敬遠されるような人でした。
何故か僕のことを可愛がってくれて、僕も結構なついていたように思います。
その人は10年ほど前に亡くなりました。
残念に思いました。
とても残念に思いました。
それでこの度、もうひとりの方も亡くなりました。
世の中は、色々な角度から見ることが出来ることを教えてくれた人です。
強い人だったと思います。
繊細で、でも強い人だったと思います。
ここ数年は体調が悪く、しんどい時間を過ごしていたのに、いつもなんでもないように振る舞っていた人でした。
もっと話をしたかったと。
まだ会えるんだろうと。
またたくさん笑わせてくれるんだろうと。
ぬるい僕は、そんな風に思っていました。
なんとなく大丈夫なんだと思ってました。
ごめんなさいって言っておけば良かった。
色々、ごめんなさいって言っておけば良かった。
ありがとうって言っておけば良かった。
たくさん、ありがとうって言っておけば良かった。
残念だなあ。
たくさん残念だなあ。
たくさんたくさん、残念だなあ。
こんがらがります。
暫く、こんがらがるんだろうなと思います。
深浦加奈子さん、ご冥福をお祈りいたします。
お疲れ様でした。
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年9月12日号(vol.174)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-09-09 10:14 | 2万円でどう?

vol.42/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■シカゴ。
今こうして、四十歳の立場になってみると、三十代のときの体臭なんて可愛いものだったなと思うわけです。
今と比べると、日向の匂い同然だった。
今と比べてしまえば、草原を走る風のごとくだった。
まさか自分の体から、カブトムシ売り場の匂いがするなんて、それは想像出来ませんでしたって話。
切ないって話。
■カルアミルク。
相変わらず、痩せる兆候すらないわけです。
そういう努力もしてないわけです。
ただただ、スマートな体型が素晴らしいと言われるこの国の基準に不満を抱えるわけです。
たまたまこの国の人間の基準で考えるから、僕は太った人と言われるわけです。
明日から、食肉の基準にならないものかと思います。
食肉の基準ならこっちのものだと思います。
きっと美味しいと思う。
きっと食べる部分がたくさんだと思う。
捨てるとこないし、贈っても喜ばれるんじゃないかと。
加工もしやすいはず。
ということで、
明日からはそんな基準でお願いしたい。
強くお願いしたい。
■点。
いつもながら漠然としてますが、
なんだか色々、グワーンて感じに追い詰められてるような気がしてたりしてなかったり。
どっちなんだって話。
今日もこれから残業って話。
ああ、日本のお父さん。
■愛の、愛の進路指導。
オリンピックは、毎年開催してませんか?
(4年前も、同じことを言ってたような気がします。)
■ようこそシステム。
今の職場でも前の職場でも居ましたし、友達や彼女もそうらしいですが、
僕のまわりには、コーヒーを煎れるのが上手だと言う人達にが多いわけです。
世の中ってよく出来たもので、
そんな環境にいながら僕はコーヒーの味が分からない。
僕四十歳男子、違いの分からない男。
オレンジジュースの方が好き。
■黄昏昏睡。
季節が移り変わっていくように、
過ぎてしまった時間が戻らないように、
形あるものは必ず壊れてしまうものだと分かっていましたが、
MDウォークマンが壊れてしまったことには驚きを隠せません。
正直、ちょっと泣きそうだったりしますが、40歳なので泣きません。
なにはともあれ仕方がないので、明日からは鼻唄を歌うことにします。
(新しいのを買えば?なんて残酷なことは言わない約束。)
何も良いことないまま、好景気が終わったようです。
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年8月29日号(vol.173)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-08-28 05:59 | 2万円でどう?

vol.41/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■ゴージャス・デラックス。
職場人たちが、
「おしぼりで顔を拭く人は許せない」
なんて言うわけです。
それは困ったなと。
それは大変な事態になったと思ったわけです。
僕、40歳だからね。
立派な中年だからね。
顔どころじゃないってこと。
首も拭くしね。
首の後ろだって拭くしね。
首は前と後ろ合わせて首だからね。
許されるなら脇だって拭きたいしね。
首と脇は親戚みたいなものだからね。
法律で規制されてないなら、背中とかも拭きたいしね。
首と脇と背中は、国境のない世界みたいなものだからね。
ちょっとした世界平和みたいなものだからね。
おしぼりは、繊維がつぶれるまで拭き倒すのが基本だろうって話。
そういう魅力を、おしぼりは持っているって話。
おしぼり、万歳。
ビバ、おしぼり!
まあ、どうでも良い話。
いつだってどうでも良い話。
■移り気なあなたに。
仕事がどうにもこうにもなわけです。
僕の生き方が、どうにもこうにもだからなのかと思います。
原油価格もどうにもこうにもです。
エコと言われても、どうにもこうにもですし、日記更新したところでどうにもこうにもです。
漠然と、どうにもこうにもな感じの日々。
みんな、ごめん。
ごめんは嘘。
嘘ついてごめん。
どうにもこうにもです。
どうにもこうにもなんです。
ああ、人生って素晴らしい。
なんて考えながら、じっと手をみます。
■やり直しレビュー。
汗とか油とか、人として大事ななにかとかが流れ出る夏。
ああ、夏。
■柏手。
四歳の娘は、絵本が好きだったりします。
四十歳僕が、絵本を読む係だったりします。
ちょっと体がシンドイとき、読むのが案外大変だったりするので、絵本作家の人達には、「文字数を少なくしてください」と言いたい。
少しだけ強めに言っておきたい。
いっそのこと、
五七五で収めてみたら如何か。
どんなに長くても、
五七五七七くらいで収めてみたら如何だろうと思います。
日本の心。
日本の文化。
僕の体調。
そんなことも考慮しつつ、絵本作家の人達は仕事してみたらどうだろうと思うわけです。
特にオチもなくの話。
いつだってオチなんかない話。
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年8月15日号(vol.172)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-08-12 01:46 | 2万円でどう?

vol.40/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■ザザン。
年々、体が痛くなることに驚いたことはありません。
40歳の誕生日を迎えても、悲観したりとかもありません。
渡り鳥が、冬になると自分の国へ帰るように、ツバメが初夏になるとやってくるように、
それは自然の流れだと思っていたからです。
ああ、自然。
母なる海。
父なる大地。
無意識のなかで、僕たちは悠久の時の流れの中にいます。
存在してるということ。
そんな僕が、今月の給与明細のなかに、
介護保険料の名目を見つけたときの驚きといったら表現出来ませんって話。
大変、僕歳を取ってる。
具合悪いなんて言ってる場合じゃない。
なにとかしないといけないのに、何して良いかわからないって話。
■おとこのいきるみち。
どうにもデパ地下を上手に歩けなくて、ダメな気分で胸がいっぱいなわけです。
(絶対に、一定の法則があるはず。)
■ふーりませるふ。
僕の職場は9割が女子なので、ちょっと気を使うことが多かったりするわけです。
昼休み、女子ふたりが来て
「どっちが若く見えますか?」
なんて訊いてきたりして、僕40歳男子いきなり大ピンチなわけです。
日本語って難しいのです。
ひとつの表現に沢山の言い回しが存在しているのです。
どちらも若いですよって言いたかったのです。
でも口から
「ドッコイドッコイです」
なんて言葉が出てきてビックリ。
きっとあの瞬間、誰かが乗り移っていたと思う。
とにかく、
僕更に大ピンチって話。
■プレイ・ファイナル。
どうにもこうにもならない日々です。
彼女が
「そんなバナナ」
なんて言ってたりして、いったいどこの国の人だろうってこと。
どうにもこうにもならない日々です。
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年7月25日号(vol.171)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-07-25 03:27 | 2万円でどう?