カテゴリ:2008年10月号( 2 )

vol.177/表紙「甘く危険なチョコ」

21世紀!想定外の「食の偽装」
米国ロッテは回収中!米国グリコは大丈夫なのか?
■毎日、ニッポンのどこかで「食の偽装」が発覚し、その都度、消費者の悲痛な声を拾ったニュースがドンドン流れている。中国の「段ボール肉まん」に始まったこれらの偽装は、もう笑い事では済まない。国内で「老舗」「名物」として謳われていた商品ですら、相次いで偽装を行っていた実態もさることながら、ここまで「中国製品」に頼らざるを得ない状況まで我が日本国は進んでいたのか……と驚くばかりである。海の向こうから客観的にニッポンの食に関する事件を傍観していた矢先、アメリカでもその火の粉をモロにかぶっていたのである。

誰も気付かなかった「メラミンの特性」を熟知した知能犯罪
Lotte USA, Inc. Initiates Nationwide Recall of Koala's March Crème filled Cookies
■10月18日、アメリカ食品薬品局(FDA)はロッテUSA社(本社・ミシガン州バトルリーグ/269-963-6664)が、アメリカおよびカナダで販売している「コアラズ・マーチ」(Koala March)に有害物質の「メラニン」が混入している可能性があるため、9月29日に自主回収を開始したと発表した。これらに該当する「コアラズ・マーチ」は、Koala March King Size(Chocolate 1.8 oz/50g)(Strawberry 1.8 oz/50g)(White Chocolate 1.8 oz/50g)、Koala March Family Pack(Chocolate 9.5 oz/270g)(Strawberry 9.5 oz/270g)(White Chocolate 9.5 oz/270g)(Chestnut 9.5 oz/270g)(Hawaii Chocolate 9.5 oz/270g)(Hawaii Pineapple 9.5 oz/270g)など9品目(主な商品写真下)におよび、すべて中国で生産され北米に輸入されている商品だ。10月末現在では、ロッテUSA社のオフィシャルサイト上にある取り扱い商品からこれらの商品は消えている。現在のところ、健康被害などの報告は1件もないというが、アメリカで正規に輸入販売されFDAの管轄下にある商品ならば、それもそうだろうが、チャイナタウンに溢れる中国産の「これらに酷似した菓子類」に至っては、おそらく治外法権であろう。ロッテのロゴが付いている中国産「コアラズ・マーチ」は、日本産、韓国産の同商品と「パッケージデザインだけが違うだけで格安!」と思い込んでいたが、どうやら中身は違っていたようだ。こうなると、疑わしきはグリコのロゴが付いている中国産の「チョコポッキー」シリーズだが……、今のところ何の報道もされていない。江崎グリコは1995年から上海に本社を構え、現地生産で中国市場および世界中のチャイナタウンに出回っているが、これらの商品がアメリカに流出していないとは言い切れない。かつて日系および韓国系食料品店などで頻繁に見かけた「これらの中国産」は見事に姿を消した。しかしチャイナタウンでは従来通りパチモン(酷似偽商品)と一緒にこれらの商品は堂々と店頭に並んでいる。
f0055491_954081.jpg

 さて、この問題となった有機化合物「メラニン」が何故に混入したか——だが、間違って混入したワケではなく、あえて入れられた物質である。メラミンは通常、食器などに使われるメラミン樹脂(メラミンとホルムアルデヒドを主体とした合成樹脂)の原料として使われ、毒性は低いが乳幼児が大量に摂取すると、腎臓結石や腎不全などで死に至ることもあるという。今までの常識からして食品に使われることは想定外だ。悪質な「知能犯」の企みとしか言いようがない。
 そして、日本よりイチ早く、この悪質メラニンに気付いたのは、ここアメリカである。昨年、中国製の「ペットフード」を食べた犬や猫が相次いで死亡するという事件が起こった。これらは小麦グルテンにメラミンが混ぜられていたことが判明し、急遽、ペットフードの1日当たりの摂取量の許容範囲を決めて警戒にかかった。しかし、それらは「ペットフード」で留まるどころか「粉ミルク」や「牛乳」にまで仕掛けられていたワケである。そのカラクリとは、食品中のタンパク質含有量は、窒素分の含有量で判断されることが多いため、窒素分の多い「メラミン」の特性を使って、いかにもタンパク質が多いかのように偽装していたという実態だ。ある乳製品業者は「水で薄めた牛乳を品質管理検査の際に、タンパク質が豊富であることを証明するためにメラニンを加えた」と話している。
 当面、中国産のスナック菓子類や乳製品に手を出す人はいないだろうが、現状で中国食品を一切使わないというのは無理に近いだろうし、農薬や抗生物質、添加物は「何が使われているか」など、ある程度想像可能だが、膨大な種類の化学物質を検査で発見することは不可能に近いという。優良のメーカーを信じて購入する消費者に対して「お金のためなら平気で毒物を混入する」というチャイナ式姿勢は、この先も多分変わらないであろうから、メーカー側と中国製造業者とのイタチごっこは延々と続くだろう。

NEW YORK 2008 CHOCOLATE SHOW
オープニングナイト・ファンションショーは6日夜開催
■さて、メラニン騒動でチョコレートや乳製品が敬遠される中、毎年恒例の「ニューヨーク・チョコレート・ショー」が11月7日(金)から9日(日)まで「ピア94」で開催される。本物と謳われる純製品を食するなら、ぜひこの機会は逃せない。同ショーでは、ニューヨーク市内の有名店(9チーム)を始め、海外(イタリア、フランス、アイルランド、日本から12チーム)や全米各州(21チーム)から出店し、各ブースではペイストリー・シェフによるデモンストレーションやサンプル品の試食などが行われる。ちなみに日本から参加するチームは、昨年と同じく「メリーチョコレート」が6回目の出店となる。昨年はホワイトチョコレートで作った「自由の女神像」をセンターに配置する戦略に出て「日本酒ガナッシュ」「抹茶ガナッシュ」がアメリカ人に好評だったが、さて今年の演出は? メリーは、11月2日までパリで行われている「第14回サロン・ド・ショコラ・パリ」にも出店中だ。同ショーではトレードフェア同様、チョコレート機器類を販売する業者や「チョコレートの産地へ行ってオリジナルのチョコを自分の手で作ってみよう」を企画するトラベルエージェントやメディアのニューヨークタイムズ、チョコレートのスパ関連なども名を連ね、会場には全53ブースが並ぶ予定だ(出店に参加している業者の詳細は以下参照)。入場料は少々高いがチョコレート好きにはたまらないイベントと言えそうだ。
<THE EXHIBITORS>
FROM:New York
067.gifAMEDEI CHOCOLATE
654 Madison Ave., New York, NY 10065
Website : www.amedei-us.com
067.gifCHOCOLAT MODERNE
27 West 20th St., Suite 904, New York, NY 10011
Website : www.chocolatmoderne.com
067.gifCHOCOLATE BAR
48 Eighth Ave., New York, NY 10014
Website : www.chocolatebarnyc.com
067.gifCHRISTOPHER NORMAN CHOCOLATES
60 New St., New York, NY 10004
Website : www.christophernormanchocolates.com
067.gifJACQUES TORRES - MR CHOCOLATE
66 Water St., Brooklyn, New York 11201 (bet. Dock & Main Sts.)
350 Hudson St., New York, NY 10014 (at King St.)
285 Amsterdam, New York, New York 10023 (bet. 73 & 74th Sts.)
Website : www.mrchocolate.com
067.gifOLIVER KITA CHOCOLATES
6815 Route 9, Astor Square #8, Rhinebeck, NY 12572
Website : www.oliverkita.com
067.gifPAYARD PATISSERIE & BISTRO
1032 Lexington Ave., New York, NY 10021
Website : www.payard.com
067.gifSWEETRIOT
116 W. Houston Fl3, New York, NY 10012
Website : www.sweetriot.com
067.gifVALRHONA
45 Main St., Suite 1054, Brooklyn, NY 11201
Website : www.valrhona.com

FROM:USA
067.gifBARRY CALLEBAUT
600 West Chicago Ave., Suite 860 Chicago, IL 60610
Website : www.barry-callebaut.com
067.gifBERKSHIRE BARK
10 Crissey Road, Great Barrington, MA 01230
Website : www.berkshirebark.com
067.gifBLOOMSBERRY & CO
92 Jackson St., Salem, MA 01970
Website : www.bloomsberry.com
067.gifCHARLES CHOCOLATE
6529 Hollis St., Emeryville, CA 94608
Website : www.charleschocolates.com
067.gifCHOCOLOVE
PO Box 18357, Boulder, CO 80308
Website : www.chocolove.com
067.gifCHRISTOPHER MICHAEL CHOCOLATES
3305 Newport Boulevard, Suite D, Newport Beach, CA 92663
Website : www.christophermichaelchocolates.com
067.gifCHUAO CHOCOLATIER
2345 Camino Vida Roble, Carlsbad, CA 92011
Website : www.chuaochocolatier.com
067.gifCOSMIC CHOCOLATE
1028 Sheppard Road, Walnut Creek, CA 94598
Website : www.cosmicchocolate.com
067.gifCROSSINGS
4 New St., Worcester, MA 01605
Website : www.crossingsfrenchfood.com
067.gifECLAT CHOCOLATE
24 South High St., Westchester, PA 19382
Website : www.eclatchocolate.com
067.gifFAIRYTALE BROWNIES
4610 E Cotton Center Blvd Suite 100, Phoenix, AZ 85040
Website : www.fairytalebrownies.com
067.gifGREEN & BLACK'S
PO Box 259011, Plano, Texas 75025
389 Interpace Parkway, Parsippany , NJ 07054
Website : www.greenandblacks.com
067.gifGUITTARD CHOCOLATE COMPANY
10 Guittard Road, Burlingame, CA 94010
Website : www.guittard.com
067.gifJER'S HANDMADE CHOCOLATES
437 S. Hwy. 101, Suite 205, Solana Beach, CA 92075
Website : www.jers.com
067.gifJOHN & KIRA'S
157 W Wyoing Ave., Philadelphia, PA 19140
Website : www.johnandkiras.com
067.gifKNIPSCHILDT CHOCOLATIER
12 South Main St., South Norwalk, CT 06854
Website : www.knipschildt.com
067.gifLILLIE BELLE FARMS
1345 Daisy Creek Road, Jacksonville, OR 97530
Website : www.lilliebellefarms.com
067.gifLINDT CHOCOLATE
One Fine Chocolate Place
P.O.Box 27, Stratham, NH 03885
Website : www.lindtusa.com
067.gifREPUBLICA DEL CACAO
2901 West Coast Highway, Suite 200, Newport Beach, CA 92663
Website : www.republicadelcacao.com
067.gifROMANICOS CHOCOLATE
1801 Coral Way Suite 116, Miami, FL 33145
Website : www.romanicos.com
067.gifSENDALL CHOCOLATES
1520 MontereySt., Pennsyvana, PA 15212
Website : www.toffeetaboo.com

FROM:Over Seas
067.gifBOISSIER - SAVEURS & TRADITIONS(FRANCE)
185 Ave. Victor Hugo, Paris, FRANCE 75116
Website : www.maisonboissier.com
067.gifCOMPAGNIA del CIOCCOLATO(ITALY)
President M. Gilberto Mora, c/o Tavoletta del Monferrato
via Stazione 2, Cocconato d’Asti, ITALY 14023
Website : www.cioccolato.it
067.gifDE BONDT(ITALY)
Via Sant’Antioco 31, Visignano – Navacchio (PI), ITALY
Website : www.debondt.it
067.gifDOMORI(ITALY)
Via Pinerolo 72/74, None (TO), ITALY 10060
Website : www.domori.com
067.gifDONNA ELVIRA(ITALY)
Via Risorgimento 32, Modica (Ragusa), ITALY
Website : www.donnaelvira.it
067.gifGUIDO GOBINO(ITALY)
Via Cagliari 15/b, Torino, ITALY 10153
Website : www.guidogobino.it
067.gifLILY O'BRIEN'S(IRELAND)
Green Road, Newbridge, Co Kildare, Ireland
Website : lilyobriens.com
067.gifMARY'S CHOCOLATE(JAPAN)
7-1-14 Ohmori-Nishi, Ohta-ku, Tokyo, JAPAN 143-8508
Website : www.mary.co.jp
067.gifOFFELLERIA RIZZATI(ITALY)
Via San Romano 25, Ferrara, ITALY
Website : www.rizzati.it
067.gifPRALUS(FRANCE)
34 Rue Général Giraud, Roanne, France 42300
Website : chocolats-pralus.com
067.gifSLITTI(ITALY)
Via Francesca Sud 1268, Monsummano Terme (PT), ITALY 51015
Website : www.slitti.it
067.gifVIRGINIE DUROC-DANNER(FRANCE)
16 Ave. des Chateaupieds, Rueil Malmaison, FRANCE 92500
Website : www.virginieduroc-danner.com

Others
066.gifCHOCOVISION(Chocolate Machines)
PO Box 5201, Poughkeepsie, NY 12601
Website : www.chocovision.com
066.gifCOTTON TREE LODGE(Vacation)
Moho River, San Felipe, Toledo District, Belize, Central America(Belize Office)
440 East 117th St., Suite 4B, New York, NY 10035(U.S. Office)
Website : www.cottontreelodge.com
066.gifGOLDSTAR INTERNATIONAL IMPORTS(Trading Corp)
570 Smith St., Brooklyn, NY 11231
Website : www.goldstarusa.com
066.gifMARRIOT VACATION CLUB(Vacation)
500 East Fairway Lane, Galloway, NJ 08205
Website : www.marriott.com
066.gifNEW YORK TIMES(News Paper)
On The Ave. Marketing Group
613 South Ave., Weston, MA 02493
Website : www.nytimes.com
066.gifOVERSEAS FOOD TRADING LTD.(Grocery Stores)
2200 Fletcher Ave., 3rd Floor, Fort Lee, NJ 07024
Website : None
066.gifPALMER'S COCOA BUTTER FORMULA(Skin & Hair Care)
440 Sylvan Ave., Englewood Cliffs, NJ 07632
Website : www.palmerscocoabutter.com
066.gifPEANUT BUTTER & CO(Peanut & Butter)
240 Sullivan St., New York, NY 10012
Website : www.ilovepeanutbutter.com
066.gifQUADY WINERY(Winery)
P.O. Box 728, Madera, CA 93639
Website : www.quadywinery.com
066.gifSERENDIPITEA(Tea House)
73 Plandome Road, Manhasset, NY 11030
Website : www.serendipitea.com
066.gifSWEET BEAUTY(Chocolate Spa Treatments)
2809 NE 55th St., Seattle, WA 98105
Website : www.sweetbeautyspa.com
f0055491_9554972.jpg

■今年で11回目となる同ショーの目玉はもちろん「Opening Night Preview, featuring Fashion Show」で、前日6日(木)午後6時半から10時半までたっぷり4時間行われる。すべての衣装は14人のファッションデザイナーと19人のペイストリーシェフのコラボによって巧妙に制作される。あるデザイナーは「低い温度で保管しなければならず、華氏65〜68度を超えると崩れるので苦労する」と漏らす。ファッションショーでは、ダークチョコやホワイトチョコの色合いを巧みに用いて作られたドレスや装飾品の他、クッキーで仕上がったドレスも登場する予定。上の写真は昨年のファッションショーでの主な作品(同イベントの詳細は以下のインフォメーション項参照)。

■インフォメーション
○アメリカ食品薬品局のリコール・リリース=www.fda.gov
 リコールされた「コアラズ・マーチ」の商品画像=www.fda.gov
○米国ロッテ社のオフシャルサイト=www.lotteusainc.com10月末現在、閉鎖中
○上海江崎グリコ「上海江崎格力高食品有限公司」のオフシャルサイト=www.glico.com.cn
○NEW YORK 2008 CHOCOLATE SHOW=www.chocolateshow.com
 会場:ピア94=711 12th Ave. & 55th St./212-889-5112
 入場料:一般28ドル(子供2人まで一緒に入場可)

2008年10月31日号(vol.177)掲載
Copyright © 2000-2008 S.Graphics all rights reserved.
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:56 | 2008年10月号

vol.176/表紙「NEW MUSEUM」

HELL, YES!f0055491_9203836.jpg
■New Museum of Contemporary Art
 アート、アートと持てはやされた潮流も、やや勢いを失った感があるニューヨーク。ソーホー地区からチェルシー地区に移って早10数年が経ち、今では「ブロンクス辺りが最も熱い」と囁かれては……いる。
 そんな停滞感が漂う中「いやいや、やっぱりダウンタウンから離れられない」とダウンタウンに固執して制作を続けている作家たちが、バワリーストリート周辺に多く暮らしているという——。
 雑誌「The Bowery Artist Tribute」(写真左=3ドル)を発行して、これらの作家たちを支えているのが、昨年12月1日にオープンした通称「NEW MUSEUM」こと「New Museum of Contemporary Art」である。今回はこの「ニュー・ミュージアム/新しい美術館」について触れてみたい。

■日々、様変わりするバワリーストリート周辺
 ヒップな人々が行き来するソーホー地区、そのすぐ東側に隣接して広がっているのが「バワリーストリート」である。言うなればここは「道具屋筋」で、台所関連の商品なら何でも揃う通りである。
f0055491_1335020.jpg

 大抵は業務用の大型調理器具類であるが、素人でも心よく売ってくれる店も多々在る。通り添いの歩道には今でも大型ショウケースや流し台、コンロ、冷蔵庫などが鈴なり状態で山積みされており、そのほとんどが新品では無く中古品であることからも、ニューヨークのレストラン業界の厳しさが見てとれる。
f0055491_92329100.jpg
 また、通りの南側は照明器具など「灯り」を扱う専門店が立ち並び、これらに共通しているのは、商店のメインの看板が、全て中国語であることだろう。
 チャイナタウンに隣接している同エリアは、全て華僑が仕切っている。「オープンしては潰れる」その繰り返しが際限なく続くニューヨークでは、これらの商いに不況はナイ。
 さて、そんな中国色が強いバワリーストリートに、2、3年前から異変が起こっている。まずはイースト・ハウストンストリート添いにオープンした「ホールフーズ」(Whole Foods Market)バワリー店(同右/上地図参照)の出現だろう。
 目と鼻の先に、やれ「メタミドボス」「メラニン」「ジクロルボス」と、農薬&殺虫剤疑惑の根源である「チャイナタウン」を控えながら、その対極の「自然&オーガニック」を全面的に圧し出したホールフーズ。
 この二極分化が、稀にうまく共存しているのが、ここバワリーストリートである。

■意外と知られていない日本人建築家ユニットが手掛けた美術館
「ニュー・ミュージアム」。その名の通り現代(近代)美術を専門としているミュージアムである。
 同館は1977年、ホイットニー美術館の絵画と彫刻のキュレーター、マーシャ・タッカー(Marcia Tucker)によって創設され、トライベッカにあるファインアーツビル(New York's Fine Arts Building/105 Hudson St)で開館された。
 同館のコンセプトは「新しいアート、新しいアイディア」で、比較的無名の作家作品や、実験的かつ革新的な作品の展示を行っている。
 1980年代にキース・へリングやリチャード・ビル・ジェンセン・プリンス、ジェフ・クーンズやエードリアン・パイパーを相次いで世に送り出したことも有名であるが、10代の青少年のための教育プログラム「高校アートプログラム」(HSAP)「可視的知識プログラム」(VKP)などをいち早く手掛けたことでも知られている。移転後の現在も同様の数々の教育プログラムは続けられ、キース・ヘリング財団やロックフェラー財団、ブルームバーグなどがスポンサーとして名を連ねている。
 この金融、ビジネスの情報プロバイダ「Bloomberg」の創設者は、言わずと知れた市長のマイケル・ブルームバーグ氏だが、市長は再選を果たした2005年、この新しいニュー・ミュージアムに多額の寄付を行っている。
f0055491_925012.jpg 2002年12月、6万平方フィートからなる壮大な元駐車場跡地で着工したニュー・ミュージアムは、創設者のマーシャ・タッカー(享年66歳)の死を開館を待たずして2006年に迎えている。そして、この完成したニュー・ミュージアムが、日本人建築家の「妹島和世&西沢立衛」(SANAA=Sejima And Nishizawa And Associates)のユニットが、コンペに勝ち残って手掛けた建築物ということは、意外と知られていない。
f0055491_7594633.jpg 総工費は5000万ドル(50ミリオン)。外観上、チグハグに6個の白いブロックを淡々と積み上げた感じのシンプルな同建築物は、正面から見て、全てが中心軸からズレて設置されているように見えるよう設計されている(同左)。
 そして、正面の虹色のロゴ「HELL, YES!」(同右)は、スイス人作家のウーゴ・ランディノーン(Ugo Rondinone)の作品だ。彼は楽観主義の哲学者と言われ、日常生活の最も平凡な要素で見つけられた感情的かつ精神の深さを探るアーティストである。社会的な概念を壊す意味を含めて、このデザイン性やカラー感などはさておき、HELL, YES!というインパクトのあるコピーはイイ感じである。
f0055491_9273099.jpg さて、館内だが、中も6ブロック(7階)で構成され、ビルは小ぶりながらもギャラリースペースは広く、見応えあるように工夫されている。また建物全体はメッシュ状のアルミニウムで覆われており、一見、薄暗く閉塞感を憶えるが、保護的な鎧兜(よろいかぶと)は装飾用のスクリーンとして充分機能している(同左)。

 まず1階は「ミュージアムストア」とカフェ「NEW FOODS」、子供用の遊び空間「プレイスペース」がある。この「NEW FOODS」はカッティンク・エッジなイベント会社「Creative Edge Parties」がプロデュースする斬新な若手シェフたちによるメニューがウリである。1階の同カフェでは3種類ある12ドルのプレートランチが好評だ。f0055491_929023.jpg
 2〜4階は「ギャラリー」空間で、微かな自然光を取り入れ、作品にやさしい演出だ。また必見はエレベーター裏側にある細長くて狭い階段(長さ50フィート、幅4フィート)で、途中の踊り場には、夜になると同館北側に位置する隣のブラウンストーン・ビルの白い壁面に向けて映すビデオ・インスタレーションが施されており、なかなかイイ演出ぶりである。
 現在、同フロアではエリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton)のライブ・フォーエバー(同右)が来年1月11日まで展示されている。
 5階は「教育センター」で、数台のMacが備え付けられ自由に地元アーティストなどの検索が可能だ(同左:上)。また同フロアでは「ハブ(HUB)としての機能を持つ美術館」を提供し「Six Degrees」と謳ったイベントが催され、月変わりで多彩なセミナーが行われている(同下)。f0055491_823269.jpg
 そして7階は、土日のみ開放されているフロアで、同建築物自慢の「スカイルーム」(同右:上)がある。床から天井までガラスパネルが張り巡らされ、光が燦々と室内へ入り込む癒される空間だ。2つの大きな扉はロウアー・マンハッタンとイースト・リバーを見下ろすテラス(同中央)へと開き、眼下に広がるチャイナタウンの景色さえも、ここから観ると何だかオシャレな感じだ。
 ここから望む夜景は赤や黄、青色に輝く強い電飾がアジアン的でもあるが、一方、目を移せば摩天楼のビル群が放つライトと相まって、見事な「これぞ!マンハッタンの夜」を形成していることにも驚く。
f0055491_832587.jpg
 このスカイルームは、200人収容(ディナーの場合は最大で120人分のテーブルセッティング)可能なイベント用レンタルスペースとして、1階のカフェ「NEW FOODS」と同様、Creative Edge Partiesが管理して貸し出している(同下)。f0055491_84881.jpg
 最後の地階は「シアター」(同左:上)とジェフリー・イナバ(Jeffrey Inaba)の作品である「ドネーション・マップ」(同下)が描かれている。ここのシアターは7階のスカイルームと同じくレンタルスペースとして開放されており、コンサート、ライブのほか講演会、映画の上映などに活用されている。

■40歳から65歳のアーティスト限定「The Ordway Prize」
 また同ミュージアムの特記すべき点は「The Ordway Prize」という2年に1度開催される賞で、優勝した作家(グループ)には賞金10万ドルが与えられる。この手合いは数々あるが、違いは応募者の年齢にある。受賞者資格は、15年以上作家生活を続けている「40歳から65歳のアーティスト」に限られ、その審査には代々の優勝者があたっている。同賞は自然主義者で芸術家を支援するキャサリン・オードウエイ(Katherine Ordway)の名前から付けられ、同ミュージアムと「Creative Link for the Arts」との共催で行われている。既に本年度(2008)の優勝者は、学芸員で作家のジェームス・エレイン(James Elaine)に贈られ、次回は2年後の2010年に発表される。

■オススメの「ミュージアム・グッズ」
 少々高めながら、数々のオリジナルグッズが揃うほか、他館では見られないインディペンデンス系のアート書も多いミュージアム・ストア。また、日本では株式会社インターオフィス(www.hhstyle.com)でしか手に入らないSANAA(妹島和世&西沢立衛)のプロダクツデザイン関連も数多く、興味のある人は要チェック。以下に紹介する商品はウエブサイトからでも購入可能(アドレスはインフォメーション参照)。商品左から順に、New Museum Yellow Tote(トートバッグ)25ドル、New Museum Market Bag(ショッピングバッグ)32ドル、New Museum Cap(キャップ)18ドル。
f0055491_7542977.jpg

■特集「NEW MUSEUM」のインフォメーション
◎New Museum of Contemporary Art
アドレス:235 Bowery, New York, NY 10002
Phone : 212-219-1222
オフィシャルサイト:www.newmuseum.org
開館時間:12:00〜18:00(水、土、日曜)/12:00〜22:00(木、金曜)/ 閉館:月、火曜
入館料:大人12ドル、高齢者:10ドル、学生:8ドル、18歳以下およびメンバー:無料
◎New Museum Store(ミュージアム・グッズ)のサイト:www.newmuseumstore.org
◎Creative Edge Parties(カフェ「NEW FOODS」を手掛けるイベント会社)のサイト:www.creativeedgeparties.com
◎The Bowery Artist Tribute(バワリー周辺に居住する作家の紹介)のサイト:mediaspace.newmuseum.org
◎Whole Foods Market(ホール・フーズ、バワリー店)のサイト:www.wholefoodsmarket.com

2008年10月17日号(vol.176)掲載
Copyright © 2000-2008 S.Graphics all rights reserved.
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-10-18 07:55 | 2008年10月号