カテゴリ:2008年1、2月号( 4 )

vol.161/表紙「27年前を振り返るロス疑惑」

NO LIMIT FOR DOUBT MEN
■この2月「『ロス疑惑』三浦元被告をサイパンで逮捕」というニュースが報じられ、今、ネット上を賑わせている。かれこれ27年前の事件とあって、同事件を全く知らない世代の人たちが、ここアメリカに渡って、この地に暮らしているワケだ。同ニュースをネットで知って「?」と首を傾げる若者に、訳知り顔で過去を振り返りながら語り出すウザイ40〜50代になりたくはナイが、ここは一つ、老婆心ながら、tocotocoらしい見解(他とは違った見方)で、昔話に花を咲かせることにしよう——。
f0055491_143062.jpg
懐かしい時代背景にみる「三浦さん」
「フルハムロード」は先見の明があった
■まず「ロス疑惑」とは、1981年8月13日、三浦和義元被告の妻一美さんがロサンゼルス市内のホテル「ニューオータニ」の自室で頭をハンマーで殴られて怪我をし、その3か月後、同じロス市内で夫妻が銃撃され、夫の三浦元被告が左足に重傷を負い、一美さんは頭に銃弾を受け、約1年後に死亡した……というのが大体のところだ。
 さて、この81年頃の日本の流行(ブーム)は、何と言っても「サーファー」だ。ミーちゃんハーちゃん皆がみな、アメリカ西海岸に憧れ「made in USA」のモノがバカ売れした時代。音楽もイーグルスやドゥービーブラザースなどが台頭する、通称「ウエストコースト」と呼ばれるサウンドがインであったという時代背景。兎に角「made in USA」ならセカンドハンド(中古品)の長袖Tシャツも高値で飛ぶように売れた。そうそう、当時このロングスリーブのTシャツというモノ自体が日本では珍しくて、前ボタンであれば中古でも1万円は下らなかったと思う。さて三浦さんの事件に戻ろう(現在、容疑者ではあるものの、2003年3月6日、最高裁で「逆転無罪」判決=写真上=となっているので「さん」付けで進めます)。
f0055491_144344.jpg■三浦さんは事件当時、衣類・小物雑貨の輸入卸販売「フルハムロード」(今も現妻の良枝さんが経営= Fulham Road Yoshie AGAIN=写真左)の社長で、数々のヒット商品を買い付け(アメリカ製)売上成績も順調だったという。f0055491_1423887.jpg
 今でこそ、単なる男性下着に成り下がった「Fruit Of The Room(フルーツ・オブ・ザ・ルーム)」のTシャツも(「Hanes/ヘインズ」も然り。当時の日本には良くも悪くも「グンゼ」か「BVD」くらいしか無く「CK」ことカルバンクラインが下着として定着したのは90年代に入ってから)、このフルハムロードが一手に買い付け日本で販売していたからスゴイ売上だったと思う。ちなみに「フルーツ・オブ・ザ・ルーム」Tシャツと言っても、素材(土台)にフルーツ・オブ・ザ・ルーム製の無地のTシャツを使用していただけで、Vネック仕様で左胸に「いかにもアメリカらしいプリント」(例えばナッツベリーファームとかコカコーラ、バドワイザー、クアーズなど、全く意味のないアメリカン商標ロゴ)が施してあるタイプ(参考写真右上=1980年撮影)。他にも当時「アヒルのランプ」(同右下)や「パームツリーのランプ」といったプラスティック製のお手軽な南国インテリアが街の喫茶店や長屋に住んでいる貧しい若者の狭い部屋にさえ飾られていた時代だった。この「アヒルのランプ」類も三浦さんはいち早く手掛けている。彼に先見の明があったことは確かである。

ペイズリー柄シャツにハンティングワールドのバッグ!
一転して他人の不幸を喜ぶ「日本人体質」が浮き彫りに
■さて、流行関連で言うなれば、三浦さんが’殴打事件での殺人未遂容疑で逮捕された時(1985年9月11日)、テレビ中継された彼のスタイルが「黒地にペイズリー柄のレーヨンのシャツとハンティングワールドのバッグ」。f0055491_14151031.jpgまさに、これが80年代前半を象徴する格好だ。今でもハンティングワールドが人気あるのかどうかは分からないが、当時はヴィトン、グッチなどを差置いて、堂々たる流行ぶり。男女両用、ライフ・ワランティ(生涯保証)がつくほど頑丈(実際は熱に弱くて表皮がグニュグニュと溶けた経験あり)というコピーに乗せられ、高値ながらも挙って小脇に「牙のない仔象のロゴ」が標されたクラッチバッグを抱え、夜な夜なクラブ(当時ディスコ)に繰り出す輩が多かった。しかし、三浦さんはショルダーバッグ。もうコレはめちゃめちゃ高くて(芸能人ご用達だった)一目置かざるを得ないスタイルでの逮捕劇であった=参考写真左=。
■事件当初、三浦さんは「アメリカ大統領」「カリフォルニア州知事」「ロサンゼルス市長」に抗議文を送り、植物人間と化している一美さんを、アメリカ軍用のヘリコプターで日本(東海大付属病院)へ移送する際にも、足を引き摺りながら舞降りて来るヘリに向かって自ら発炎筒を振り回し、担架で担ぎ込まれる一美さんに駆け寄り「かずみっ!かずみぃ〜」と連呼して涙する場面が1日中何度も繰り返し流された。この映像で日本のマスコミは挙って三浦さんを「美談の人」と書き立て、日本中の人々が三浦さんに同情し、ロスの治安の悪さを恐れ嫌った。
■一美さんが亡くなり、三浦さんの懐に保険金、約1億6000万円が入る頃「もう、美人の元モデル(現妻の良枝さん)と同棲中」「1億の豪邸は保険金で建てた」など、誹謗中傷する報道内容がドンドン紙面を賑わせ、連日、三浦邸前での密着取材でお昼のワイドショー番組は各局とも高視聴率を上げた。f0055491_14162020.jpg
 週刊文春が「疑惑の銃弾」をシリーズ連載(1984年1月26日号/同年1月19日発売/シリーズ第1回=写真右)し始めたころには、他の出版社も追随し、三浦さんの過去や私生活を競って暴き立て、事件は日を追うごとにエスカレートした。
 世間の目は一転。「美談の人」に同情して涙したことに「裏切られた」という思いと、金持ちでイケメン(現在の写真をみると、その頃の面影もなくなっている=驚くべき血筋!叔母であった女優の水の江滝子にも酷似してきた=写真下)、美人の愛人、会社経営も順調という三浦さんの身の上に「嫉妬心」を抱き「奴は悪人!」として認識するようになる。他人の不幸を喜ぶ日本人体質。この頃からだろう、日本のお昼のワイドショーが過激になり出したのは……。f0055491_1417311.jpg

殺人罪の時効がないアメリカでの評決は?
NO LIMIT FOR DOUBT MEN「GUILTY or NOT GUILTY?」
■突如、降って湧いたような27年前の同事件。日本国憲法では無罪判決となった過去の事件について、再び刑事責任を問われることはないという「一事不再理」を掲げているが、海外で事件が起こり、その国の法律で裁かれる場合は、この一事不再理は適用されない。また日本では殺人罪の時効(25年)があるがアメリカには時効がない。また同事件が起こったカリフォルニア州の「計画的な殺人を含む第1級殺人」の最高刑は、13州が既に廃止にしている「死刑」を、現在でも施行している。今後、どのような展開、そしてどんな結末が待っているのか全く予測不能だが、日々更新されるロス側のニュースを知る限りでは「有罪」の評決が下る可能性も、0%だとは言い切れない。

*「疑惑の銃弾」事件の詳細を知りたい人は疑惑の銃弾へ。
2008年2月29日号(vol.161)掲載
Copyright © 2000-2008 S.Graphics all rights reserved.
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-02-28 14:20 | 2008年1、2月号

vol.160/表紙「最強フェチ」

何でもSUPERをつけたがる
単細胞!なアメリカ国民は「最強フェチ」

f0055491_17441462.jpg■毎年恒例、アメリカ最大のスポーツイベントNFLの「Super Bowl」が終わり(17対14でNYジャイアンツ優勝)、贔屓チームの勝敗結果によっては気の抜けたスカスカな日々を未だ過ごしている人もいるかも知れない。さて、この2月第1週目は、この大イベントにあやかり「Super Weekends」「Super Bowl」「Super Foods」「Super Tuesday」などなど、やたら何でも頭に「スーパー」がつくのがお約束だ。ご存知の通り「Super Foods」とは同ゲーム観戦時にムシャムシャ食べるジャンクフード。ハンバーガー、ピザ、ポテトチップスなどがその代表格で、もちろん片手にビールは一時も欠かせない。ちなみに「Super Tuesday」とは4年に一度やってくる「大統領予備選の最強な火曜日」で、事実上、この日にほぼ次期大統領が決定するとされている。8、9月の各党全国大会での指名候補の正式決定まで、まだまだどうひっくり返る(特に民主党)かは分からないが、2008年の「決戦の火曜日」の結果は、ほぼ予想通り、共和党=ジョン・マケイン上院議員(John McCain/Republican=71=写真上)と民主党=ヒラリー・クリントン上院議員(Hillary Rodham Clinton/Democratic=60=同下)が2大票田のカリフォルニア州とニューヨーク州で勝利を納めた。
 また今年は同日、ニューヨーク・ローワーイーストサイドでNYジャイアンツの優勝パレードが行われ、小雨が降りしきる中、バッテリーパークからシティホールまで、お馴染みの面々が車上から手を振りながら挨拶。前日の月曜夜にはエンパイアステイト・ビルディングの照明も、もちろん「青」(ジャイアンツカラー)一色。ペイトリオッツを応援していた輩には、少々ウンザリで思い出したくもないイベントの数々であったに違いない。ま、肝心カナメな予備選より、ニューヨーカーには断然こっちの方が盛り上がったことは言うまでもない。
f0055491_1745087.jpg

■そして、もう一つ巷でウワサの「Super」と言えば、今年から放送されているBRAVO局の新番組「make me a SUPER MODEL」(毎木曜夜10時〜)だろう。
 スーパーモデルと言えば、今月1日から「ニューヨーク08/09年秋冬ファッションウィーク」が始まり、毎回のことながらブライアントパーク周辺は一風変わった業界人でごった返した。さて、BRAVO局十八番の「Project RUNWAY」(幣紙2005年2月15日号で特集)から早4年。現在放送中の同番組シーズン4も佳境に入り、色んな試行を繰り返してマンネリ化を防ぐのに躍起になっているといったところ。この番組の人気に味を占めたコンペティション・シリーズ企画の新たな試みとして始まった「make me a SUPER MODEL」シーズン1だが、人気モデルのTyra Banks(タイラ・バンクス)が仕切る同様のモデルコンペ番組「America's Next Top Model」(CW局/水曜夜8時〜)を超えるとは、到底思えない内容ではある。がしかし、特記すべきは、選出するモデルたちが男女混合という点にある。アメリカの今どきの「自称イケメン野郎」が登場し、様々な趣向で視聴者を楽しませてくれるため、本来「着せ変え人形ごっこ」が好きな女性(男性にも)にとって、毎週、TV画面に釘付け状態になるやもしれない。しかも「American Idol」形式で、視聴者からの貴重な1票が当落を左右させる「ファン参加型」を採用している。ホスト役にはニッキ・タイラー(Niki Taylor)とイケメン代表、タイソン・ベックフォード(Tyson Beckford)といったトップモデル2人を起用し、何とか女王タイラ・バンクスに挑みをかけているのだが……。さてさて、まだまだ始まったばかりの同番組、今後どう展開、成長(打ち切り?)していくのか楽しみだ。
f0055491_1745375.jpg

■SUPERに挑戦している女性7人のモデル(写真左から=名前、年齢、出身地、職業、趣味、ステイタスの順)
○アリーン(Aryn/20):Lowndesboro, AL/小学校教師/乗馬、バスケットボールなど=VOTED OFF
○ホリー(Holly/21):Coeburn, VA/無職/教会での祈り、ランニング=STILL IN
○ジャッキー(Jacki/21):Cleveland, OH/ウエイトレス(パート)/バレーボール、バスケット&フットボール観戦=VOTED OFF
○ケイティ(Katy/21):Auburn, AL/医療事務員/乗馬、掃除=VOTED OFF
○サラ(Sarah/20):Miami, FL/無職/ヨーガ、音楽鑑賞=VOTED OFF
○シャノン(Shannon/22):Fort Lauderdale, FL/無職/ホラー映画鑑賞、猫=STILL IN
○ステファニー(Stephanie/21):Plano, TX/スクリップス大学(芸術学)学生/アート全般、犬=VOTED OFF
f0055491_1746716.jpg

■SUPERに挑戦している男性7人のモデル(写真左から=名前、年齢、出身地、職業、趣味、ステイタスの順)
○ベン(Ben/22):Nashville, TN/保安官代理の警察官/バレーボール、フリスビー=STILL IN
○ケーシー(Casey/19):Atlanta, GA/シンガーソングライター/スケートボード、ハイキング=STILL IN
○ドミニク(Dominic/25):Orange County, CA/プロのDJ/サーフィン、音楽鑑賞=VOTED OFF
○フランキー(Frankie/20):Miami, FL/フェニックス大学(経営学)学生/サーフィン、ドライブ=STILL IN
○ジェイ(Jay/22):Roswell, GA/ファイアストン(車修理工)/バスケットボール、ペイントボール=VOTED OFF
○ペリー(Perry/22):Los Angeles, CA/ウエイター(パートタイマー)/スポーツ全般=STILL IN
○ロニー(Ronnie/24):Chicago, IL/イリノイ大学(政治学)学生/モデルと俳優のバイト=STILL IN
■番組「make me a SUPER MODEL」のHPアドレス
2008年2月15日号(vol.160)掲載
Copyright © 2000-2008 S.Graphics all rights reserved.
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-02-11 17:46 | 2008年1、2月号

vol.159/表紙「SUPER BOWL XLII」

第42回スーパーボウルはペイトリオッツ対ジャイアンツ
f0055491_381065.jpg

f0055491_384862.jpg■1月20日(日)午後、NFL2007シーズンのカンファレンス・チャンピオンシップ「ニューイングランド・ペイトリオッツ対サンディエゴ・チャージャース」と「グリーンベイ・パッカーズ対ニューヨーク・ジャイアンツ」の2試合が行われた。−17度という厳寒の中「アイスボウル」と評されたランボー・フィールドでのNFCチャンピオンシップの試合は、史上2度目のオーバータイムの末「ジャイアンツ」が23対20で下して王者に輝き、今季ロード10連勝を達成した。f0055491_392141.jpgNFCでは史上初となるポストシーズンのロード3連勝でスーパーボウル行きを決めたジャイアンツは、2000年以来のスーパーボウル進出となる。一方、AFCは今季ワーストの3インターセプトと不調だった「ペイトリオッツ」が、21対12で粘り強い守りをみせ、見事シーズン18連勝を達成。両者はいよいよ2月3日(日)にアリゾナ州グレンデール、フェニックス大学・スタジアムで開催される第42回スーパーボウルで激突する。72年に無敗でスーパーボウル制覇を成し遂げたマイアミ・ドルフィンズ(当時はレギュラーシーズン14試合)の17連勝を抜くペイトリオッツのシーズン連勝新記録。またしてもQBトム・ブレイディ(写真左=30)はリングを手にするのか?それとも昨年の勝者、コルツのQBペイトン・マニングに続いて、イーライ(同右=27)は兄弟揃ってリングを勝ち取ることと成り得るのだろうか。そんな2007シーズン最後の熱い戦いも、来週には幕が下りる——。
■第42回スーパーボウルのキックオフは東海岸時間の午後6時18分からFOXチャンネルで生中継で放送される予定(ハーフタイムショーはTOM PETTY AND THE HEARTBREAKERS)。
f0055491_3101178.jpg
大御所続くハーフタイムショー!
●今年は、ブルース・スプリングスティーンとイーグルスを予想する声が圧倒的に多かった中、同じく70年代を代表するアメリカのロックバンド「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」がハーフタイムショーを務める。1976年にデビューアルバムをリリースした同バンドはこれまで5000万枚以上のセールスを記録。 2002年にはロックの殿堂にも選ばれ、名実とともにアメリカのロック界をリードしてきた存在。ソロでも活躍するトム・ペティは50年生まれの57歳。彼はビーチ・ボーイズやバーズからも多大な影響を受けたと言われロックに限らずポップス系の音楽も手掛けることでも知られる。デビュー以来、ライブ活動やアルバム・リリースをコンスタントに続け、現在も熱烈なファンを持ち、アルバムは全米チャートのトップ10に食い込むほど。過去グラミー賞には18回ノミネートされている。f0055491_3103566.jpg
国歌斉唱は地元出身者の新人起用
●ハーフタイムショーと同じく見どころの一つである試合前の国家斉唱。わずか3分程度の今年の大役に挑むのは、地元アリゾナ州フェニックス出身の女性歌手「Jordin Sparks」(ジョーディン・スパークス=18歳)だ。彼女は人気番組「アメリカン・アイドル」シーズン6で、史上最年少で優勝した実力派。また彼女の父親、フィリッピ・スパークスさんは元NFL選手で、なんとニューヨーク・ジャイアンツとダラス・カウボーイズで活躍していたという情報もあることから、何かとNFLに深い繋がりのある彼女にとって、今回の国家斉唱は、より強い思い入れがありそうだ。
2008年1月25日号(vol.159)掲載
Copyright © 2000-2008 S.Graphics all rights reserved.
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-01-24 03:11 | 2008年1、2月号

今年もやりますスーパーボウル大予想

「全米ナンバー1の予想紙」誇る?
■さて、毎年懲りずに、ある方々にスーパーボウルの勝敗予想をお願いする「スーパーボウル大予想」の企画も今年で8回目を迎えます。「大予想」と言っても単純な勝ち負けではなく、ラスベガスのホテルが発表する「スプレッド(ハンデキャップ)」を基にした予想、つまり賭けを対象とした予想です。「神聖なスポーツを賭けの対象にするなんて!」と思われる人もおられるでしょうがラスベガスでは法律的にも認められており合法。そもそもこれだけ多くの人々が熱狂的に応援するのには「何かしらの理由がある」ということは否定できないでしょう。はてさて、今年はどうなるのでしょうか? お願いした皆さんの予想によると、チームとしては「ペイトリオッツ」が4人、「ジャイアンツ」が4人と、全くの互角予想。OVER/UNDERも「オーバー」を推している人が3人で、「アンダー」が5人と、これもほぼ互角です。さて、この予想の結果は、次号<vol.160>の紙面上で発表しま〜す。

Favorite:ニューイングランド・ペイトリオッツ
Underdog:ニューヨーク・ジャイアンツ
Spread (OVER/UNDER):13(55)

●浜ちゃん   ペイトリオッツ/オーバー(三度目の正直でしょう)
●ユウジさん  ジャイアンツ/アンダー (ここまできたらジャイアンツのアップセット)
●ミスターA  ジャイアンツ/アンダー (勝つのはペッツ。でもライン的にはジャイアンツ)
●オサムくん  ジャイアンツ/オーバー (まあ、地元なんで……、一応)
●今さん    ペイトリオッツ/オーバー(ペッツは、ここ3試合ばかりカバーしてないでしょ。)
●ミヨンセさん ペイトリオッツ/アンダー(34対16 トム様が負けるワケないでしょ!)
●守爺     ペイトリオッツ/アンダー(ペッツがブッチ切るのではないでしょうか)
●竹馬さん   ジャイアンツ/アンダー (ペッツばかりいい思いしてたらバチが当たります)

■用語&賭け方
【SPREAD】ハンデキャップの意味。ラインとも呼ばれる。
【FAVORITE】ハンデをあげているチーム。
【UNDERDOG】ハンデを貰っているチーム。
【O/U】OVER/UNDERの意味。
 今回のゲームはAFCのニューイングランド・ペイトリオッツがFAVORITEで、NFCのニューヨーク・ジャイアンツがUNDERDOGです。SPREADは13点。これは、ペイトリオッツが13点差以上で試合に勝てば、ペイトリオッツに賭けた人の勝ち、ということです。また反対に、ジャイアンツが試合に勝つ、あるいは負けたとしても、点差が12点以内ならジャイアンツに賭けた人の勝ちになります。
 今回のゲームのOVER/UNDERは55点。これは試合終了時点で、両チームの得点を足して、合計55点以上なら、OVERに賭けた人が当たり。54点以内なら、UNDERに賭けた人が当たりという意味です。また55点の場合は引き分け【PUSH】となります。

■勝ち負けの判断はこうなる
●34対20でペイトリオッツが勝った場合は得点差が14点(13点差以上)となり、ペイトリオッツに賭けた人が当たり。
●34対22でペイトリオッツが勝った場合は得点差が12点(13点差以内)ですからジャイアンツに賭けた人が当たり。
●34対21でペイトリオッツが勝った場合は、ちょうど13点差ですから引き分け。
●とにかくジャイアンツが試合に勝った場合は、無条件でジャイアンツに賭けた人が当たり。
●試合結果が34対22の場合、合計56点(55点以上)ですから、OVERに賭けた人が当たり。
●試合結果が34対20の場合は、合計54点(55点以内)ですから、UNDERに賭けた人が当たり。
2008年1月25日号(vol.159)掲載
[PR]
by tocotoco_ny | 2008-01-24 03:05 | 2008年1、2月号