vol.29/無名の人々<aloe352>

■習うより真似ろ
 縦長のその部屋の一番奥がインストラクターの定位置だ。そしてインストラクターと向かい合う形で向かって右が私の定位置である。このヨガのクラスをとり始めて半年。定位置でないと心地が悪い私はいつも早めに家を出て誰よりも早く教室に入る。
f0055491_6205496.jpg
 その日も定位置を陣取った私は、クラス開始までストレッチに励んでいた。その間に、一人また一人と人々が入って来ては思い思いの場所にヨガマットを広げるのだ。そのほとんどは見知った顔だが、いつも数人ほどは初めて見る顔もある。彼もそうだった。彼は部屋に入りしばらくきょろきょろと辺りを見渡していたが、やがて私の斜め後ろに陣取った。

 開始前の準備体操の様子から彼がヨガの初心者である事は何となく感じていた。やたら張り切っている姿が、リラックスや瞑想を主な目的とするこのクラスで既に浮いている感が漂い始めていたのである。

 インストラクターが現れクラスが始まった。まだストレッチと呼吸法を中心とした序盤なのに、彼の動きと呼吸が早速乱れている。そしてとにかく一生懸命である。斜め前の私にはポーズによっては彼の姿は見えないが、激しい息づかいが常に聞こえてくる。そして皆の動きから多少ずれながらも彼は必死についてきていた。

 おや、と思ったのは立ち上がって両腕を広げているポーズの時だ。前髪を払おうと私は右腕を顔に持ってきた。すると、視界の片隅にいる斜め後ろの彼も右腕を曲げた。皆が一斉に静止している中では小さな動きも目立つ。気のせいだろう。ただの偶然に違いない。クラスは次のポーズに移った。

 次におや、と思ったのは仰向けに寝転がって両膝を左に倒している時だ。背中を更にねじろうと、私は左腕を右腕に重ねた。インストラクターの指示ではない私の独自の動きだ。が。同じポーズをとっている人間が、もう一人いた。斜め後ろの彼だった。

 インストラクターの専門的な説明を聞くのを、どうやら彼は早々にあきらめているようだった。聞いてやるより真似してしまえ。自然と視界に入りやすい斜め前の私がターゲットだ。彼の考えはこんなところだろう。真似されている私は、その後のポーズを少々の緊張と誇りをもって努め上げた。

 一時間半のクラスが終わった。彼は汗をかいている。その表情は達成感に満ちている。マットを畳むとわざわざインストラクターの所まで出向いて「又来るよ」と話しかけている彼がいた。お世辞ではなく本心であろう。自信にあふれ達成感でいっぱいの彼は、それを誰かに伝えたくて仕方のない様子なのである。

 一方、真似された私はと言えば、彼とは違う意味で満足感に満ちていた。彼がヨガを気に入り又来ようと思ったきっかけは、私というお手本が良かったからであろう。私の斜め後ろにいつでも誰でも陣取れるように、インストラクターから向かって右の定位置ははずせない。そんな自己満足な義務感を抱きながら、今日も早めに家を出るのであった。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
*同コラム作者のブログ「今日見た人、会った人」にもお立ち寄りください。
2008年11月14日号(vol.178)掲載
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-11-13 06:21 | 無名の人々

October, 31. 2008 vol.177

f0055491_10105064.jpg

*画像をクリックすると拡大します
vol.177/表紙「甘く危険なチョコ」
2008年10月31日号(vol.177)掲載
*表紙記事の内容は こちらでご覧になれます*
Copyright © 2000-2008 S.Graphics all rights reserved.
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 10:11 | バックナンバー

vol.177/表紙「甘く危険なチョコ」

21世紀!想定外の「食の偽装」
米国ロッテは回収中!米国グリコは大丈夫なのか?
■毎日、ニッポンのどこかで「食の偽装」が発覚し、その都度、消費者の悲痛な声を拾ったニュースがドンドン流れている。中国の「段ボール肉まん」に始まったこれらの偽装は、もう笑い事では済まない。国内で「老舗」「名物」として謳われていた商品ですら、相次いで偽装を行っていた実態もさることながら、ここまで「中国製品」に頼らざるを得ない状況まで我が日本国は進んでいたのか……と驚くばかりである。海の向こうから客観的にニッポンの食に関する事件を傍観していた矢先、アメリカでもその火の粉をモロにかぶっていたのである。

誰も気付かなかった「メラミンの特性」を熟知した知能犯罪
Lotte USA, Inc. Initiates Nationwide Recall of Koala's March Crème filled Cookies
■10月18日、アメリカ食品薬品局(FDA)はロッテUSA社(本社・ミシガン州バトルリーグ/269-963-6664)が、アメリカおよびカナダで販売している「コアラズ・マーチ」(Koala March)に有害物質の「メラニン」が混入している可能性があるため、9月29日に自主回収を開始したと発表した。これらに該当する「コアラズ・マーチ」は、Koala March King Size(Chocolate 1.8 oz/50g)(Strawberry 1.8 oz/50g)(White Chocolate 1.8 oz/50g)、Koala March Family Pack(Chocolate 9.5 oz/270g)(Strawberry 9.5 oz/270g)(White Chocolate 9.5 oz/270g)(Chestnut 9.5 oz/270g)(Hawaii Chocolate 9.5 oz/270g)(Hawaii Pineapple 9.5 oz/270g)など9品目(主な商品写真下)におよび、すべて中国で生産され北米に輸入されている商品だ。10月末現在では、ロッテUSA社のオフィシャルサイト上にある取り扱い商品からこれらの商品は消えている。現在のところ、健康被害などの報告は1件もないというが、アメリカで正規に輸入販売されFDAの管轄下にある商品ならば、それもそうだろうが、チャイナタウンに溢れる中国産の「これらに酷似した菓子類」に至っては、おそらく治外法権であろう。ロッテのロゴが付いている中国産「コアラズ・マーチ」は、日本産、韓国産の同商品と「パッケージデザインだけが違うだけで格安!」と思い込んでいたが、どうやら中身は違っていたようだ。こうなると、疑わしきはグリコのロゴが付いている中国産の「チョコポッキー」シリーズだが……、今のところ何の報道もされていない。江崎グリコは1995年から上海に本社を構え、現地生産で中国市場および世界中のチャイナタウンに出回っているが、これらの商品がアメリカに流出していないとは言い切れない。かつて日系および韓国系食料品店などで頻繁に見かけた「これらの中国産」は見事に姿を消した。しかしチャイナタウンでは従来通りパチモン(酷似偽商品)と一緒にこれらの商品は堂々と店頭に並んでいる。
f0055491_954081.jpg

 さて、この問題となった有機化合物「メラニン」が何故に混入したか——だが、間違って混入したワケではなく、あえて入れられた物質である。メラミンは通常、食器などに使われるメラミン樹脂(メラミンとホルムアルデヒドを主体とした合成樹脂)の原料として使われ、毒性は低いが乳幼児が大量に摂取すると、腎臓結石や腎不全などで死に至ることもあるという。今までの常識からして食品に使われることは想定外だ。悪質な「知能犯」の企みとしか言いようがない。
 そして、日本よりイチ早く、この悪質メラニンに気付いたのは、ここアメリカである。昨年、中国製の「ペットフード」を食べた犬や猫が相次いで死亡するという事件が起こった。これらは小麦グルテンにメラミンが混ぜられていたことが判明し、急遽、ペットフードの1日当たりの摂取量の許容範囲を決めて警戒にかかった。しかし、それらは「ペットフード」で留まるどころか「粉ミルク」や「牛乳」にまで仕掛けられていたワケである。そのカラクリとは、食品中のタンパク質含有量は、窒素分の含有量で判断されることが多いため、窒素分の多い「メラミン」の特性を使って、いかにもタンパク質が多いかのように偽装していたという実態だ。ある乳製品業者は「水で薄めた牛乳を品質管理検査の際に、タンパク質が豊富であることを証明するためにメラニンを加えた」と話している。
 当面、中国産のスナック菓子類や乳製品に手を出す人はいないだろうが、現状で中国食品を一切使わないというのは無理に近いだろうし、農薬や抗生物質、添加物は「何が使われているか」など、ある程度想像可能だが、膨大な種類の化学物質を検査で発見することは不可能に近いという。優良のメーカーを信じて購入する消費者に対して「お金のためなら平気で毒物を混入する」というチャイナ式姿勢は、この先も多分変わらないであろうから、メーカー側と中国製造業者とのイタチごっこは延々と続くだろう。

NEW YORK 2008 CHOCOLATE SHOW
オープニングナイト・ファンションショーは6日夜開催
■さて、メラニン騒動でチョコレートや乳製品が敬遠される中、毎年恒例の「ニューヨーク・チョコレート・ショー」が11月7日(金)から9日(日)まで「ピア94」で開催される。本物と謳われる純製品を食するなら、ぜひこの機会は逃せない。同ショーでは、ニューヨーク市内の有名店(9チーム)を始め、海外(イタリア、フランス、アイルランド、日本から12チーム)や全米各州(21チーム)から出店し、各ブースではペイストリー・シェフによるデモンストレーションやサンプル品の試食などが行われる。ちなみに日本から参加するチームは、昨年と同じく「メリーチョコレート」が6回目の出店となる。昨年はホワイトチョコレートで作った「自由の女神像」をセンターに配置する戦略に出て「日本酒ガナッシュ」「抹茶ガナッシュ」がアメリカ人に好評だったが、さて今年の演出は? メリーは、11月2日までパリで行われている「第14回サロン・ド・ショコラ・パリ」にも出店中だ。同ショーではトレードフェア同様、チョコレート機器類を販売する業者や「チョコレートの産地へ行ってオリジナルのチョコを自分の手で作ってみよう」を企画するトラベルエージェントやメディアのニューヨークタイムズ、チョコレートのスパ関連なども名を連ね、会場には全53ブースが並ぶ予定だ(出店に参加している業者の詳細は以下参照)。入場料は少々高いがチョコレート好きにはたまらないイベントと言えそうだ。
<THE EXHIBITORS>
FROM:New York
067.gifAMEDEI CHOCOLATE
654 Madison Ave., New York, NY 10065
Website : www.amedei-us.com
067.gifCHOCOLAT MODERNE
27 West 20th St., Suite 904, New York, NY 10011
Website : www.chocolatmoderne.com
067.gifCHOCOLATE BAR
48 Eighth Ave., New York, NY 10014
Website : www.chocolatebarnyc.com
067.gifCHRISTOPHER NORMAN CHOCOLATES
60 New St., New York, NY 10004
Website : www.christophernormanchocolates.com
067.gifJACQUES TORRES - MR CHOCOLATE
66 Water St., Brooklyn, New York 11201 (bet. Dock & Main Sts.)
350 Hudson St., New York, NY 10014 (at King St.)
285 Amsterdam, New York, New York 10023 (bet. 73 & 74th Sts.)
Website : www.mrchocolate.com
067.gifOLIVER KITA CHOCOLATES
6815 Route 9, Astor Square #8, Rhinebeck, NY 12572
Website : www.oliverkita.com
067.gifPAYARD PATISSERIE & BISTRO
1032 Lexington Ave., New York, NY 10021
Website : www.payard.com
067.gifSWEETRIOT
116 W. Houston Fl3, New York, NY 10012
Website : www.sweetriot.com
067.gifVALRHONA
45 Main St., Suite 1054, Brooklyn, NY 11201
Website : www.valrhona.com

FROM:USA
067.gifBARRY CALLEBAUT
600 West Chicago Ave., Suite 860 Chicago, IL 60610
Website : www.barry-callebaut.com
067.gifBERKSHIRE BARK
10 Crissey Road, Great Barrington, MA 01230
Website : www.berkshirebark.com
067.gifBLOOMSBERRY & CO
92 Jackson St., Salem, MA 01970
Website : www.bloomsberry.com
067.gifCHARLES CHOCOLATE
6529 Hollis St., Emeryville, CA 94608
Website : www.charleschocolates.com
067.gifCHOCOLOVE
PO Box 18357, Boulder, CO 80308
Website : www.chocolove.com
067.gifCHRISTOPHER MICHAEL CHOCOLATES
3305 Newport Boulevard, Suite D, Newport Beach, CA 92663
Website : www.christophermichaelchocolates.com
067.gifCHUAO CHOCOLATIER
2345 Camino Vida Roble, Carlsbad, CA 92011
Website : www.chuaochocolatier.com
067.gifCOSMIC CHOCOLATE
1028 Sheppard Road, Walnut Creek, CA 94598
Website : www.cosmicchocolate.com
067.gifCROSSINGS
4 New St., Worcester, MA 01605
Website : www.crossingsfrenchfood.com
067.gifECLAT CHOCOLATE
24 South High St., Westchester, PA 19382
Website : www.eclatchocolate.com
067.gifFAIRYTALE BROWNIES
4610 E Cotton Center Blvd Suite 100, Phoenix, AZ 85040
Website : www.fairytalebrownies.com
067.gifGREEN & BLACK'S
PO Box 259011, Plano, Texas 75025
389 Interpace Parkway, Parsippany , NJ 07054
Website : www.greenandblacks.com
067.gifGUITTARD CHOCOLATE COMPANY
10 Guittard Road, Burlingame, CA 94010
Website : www.guittard.com
067.gifJER'S HANDMADE CHOCOLATES
437 S. Hwy. 101, Suite 205, Solana Beach, CA 92075
Website : www.jers.com
067.gifJOHN & KIRA'S
157 W Wyoing Ave., Philadelphia, PA 19140
Website : www.johnandkiras.com
067.gifKNIPSCHILDT CHOCOLATIER
12 South Main St., South Norwalk, CT 06854
Website : www.knipschildt.com
067.gifLILLIE BELLE FARMS
1345 Daisy Creek Road, Jacksonville, OR 97530
Website : www.lilliebellefarms.com
067.gifLINDT CHOCOLATE
One Fine Chocolate Place
P.O.Box 27, Stratham, NH 03885
Website : www.lindtusa.com
067.gifREPUBLICA DEL CACAO
2901 West Coast Highway, Suite 200, Newport Beach, CA 92663
Website : www.republicadelcacao.com
067.gifROMANICOS CHOCOLATE
1801 Coral Way Suite 116, Miami, FL 33145
Website : www.romanicos.com
067.gifSENDALL CHOCOLATES
1520 MontereySt., Pennsyvana, PA 15212
Website : www.toffeetaboo.com

FROM:Over Seas
067.gifBOISSIER - SAVEURS & TRADITIONS(FRANCE)
185 Ave. Victor Hugo, Paris, FRANCE 75116
Website : www.maisonboissier.com
067.gifCOMPAGNIA del CIOCCOLATO(ITALY)
President M. Gilberto Mora, c/o Tavoletta del Monferrato
via Stazione 2, Cocconato d’Asti, ITALY 14023
Website : www.cioccolato.it
067.gifDE BONDT(ITALY)
Via Sant’Antioco 31, Visignano – Navacchio (PI), ITALY
Website : www.debondt.it
067.gifDOMORI(ITALY)
Via Pinerolo 72/74, None (TO), ITALY 10060
Website : www.domori.com
067.gifDONNA ELVIRA(ITALY)
Via Risorgimento 32, Modica (Ragusa), ITALY
Website : www.donnaelvira.it
067.gifGUIDO GOBINO(ITALY)
Via Cagliari 15/b, Torino, ITALY 10153
Website : www.guidogobino.it
067.gifLILY O'BRIEN'S(IRELAND)
Green Road, Newbridge, Co Kildare, Ireland
Website : lilyobriens.com
067.gifMARY'S CHOCOLATE(JAPAN)
7-1-14 Ohmori-Nishi, Ohta-ku, Tokyo, JAPAN 143-8508
Website : www.mary.co.jp
067.gifOFFELLERIA RIZZATI(ITALY)
Via San Romano 25, Ferrara, ITALY
Website : www.rizzati.it
067.gifPRALUS(FRANCE)
34 Rue Général Giraud, Roanne, France 42300
Website : chocolats-pralus.com
067.gifSLITTI(ITALY)
Via Francesca Sud 1268, Monsummano Terme (PT), ITALY 51015
Website : www.slitti.it
067.gifVIRGINIE DUROC-DANNER(FRANCE)
16 Ave. des Chateaupieds, Rueil Malmaison, FRANCE 92500
Website : www.virginieduroc-danner.com

Others
066.gifCHOCOVISION(Chocolate Machines)
PO Box 5201, Poughkeepsie, NY 12601
Website : www.chocovision.com
066.gifCOTTON TREE LODGE(Vacation)
Moho River, San Felipe, Toledo District, Belize, Central America(Belize Office)
440 East 117th St., Suite 4B, New York, NY 10035(U.S. Office)
Website : www.cottontreelodge.com
066.gifGOLDSTAR INTERNATIONAL IMPORTS(Trading Corp)
570 Smith St., Brooklyn, NY 11231
Website : www.goldstarusa.com
066.gifMARRIOT VACATION CLUB(Vacation)
500 East Fairway Lane, Galloway, NJ 08205
Website : www.marriott.com
066.gifNEW YORK TIMES(News Paper)
On The Ave. Marketing Group
613 South Ave., Weston, MA 02493
Website : www.nytimes.com
066.gifOVERSEAS FOOD TRADING LTD.(Grocery Stores)
2200 Fletcher Ave., 3rd Floor, Fort Lee, NJ 07024
Website : None
066.gifPALMER'S COCOA BUTTER FORMULA(Skin & Hair Care)
440 Sylvan Ave., Englewood Cliffs, NJ 07632
Website : www.palmerscocoabutter.com
066.gifPEANUT BUTTER & CO(Peanut & Butter)
240 Sullivan St., New York, NY 10012
Website : www.ilovepeanutbutter.com
066.gifQUADY WINERY(Winery)
P.O. Box 728, Madera, CA 93639
Website : www.quadywinery.com
066.gifSERENDIPITEA(Tea House)
73 Plandome Road, Manhasset, NY 11030
Website : www.serendipitea.com
066.gifSWEET BEAUTY(Chocolate Spa Treatments)
2809 NE 55th St., Seattle, WA 98105
Website : www.sweetbeautyspa.com
f0055491_9554972.jpg

■今年で11回目となる同ショーの目玉はもちろん「Opening Night Preview, featuring Fashion Show」で、前日6日(木)午後6時半から10時半までたっぷり4時間行われる。すべての衣装は14人のファッションデザイナーと19人のペイストリーシェフのコラボによって巧妙に制作される。あるデザイナーは「低い温度で保管しなければならず、華氏65〜68度を超えると崩れるので苦労する」と漏らす。ファッションショーでは、ダークチョコやホワイトチョコの色合いを巧みに用いて作られたドレスや装飾品の他、クッキーで仕上がったドレスも登場する予定。上の写真は昨年のファッションショーでの主な作品(同イベントの詳細は以下のインフォメーション項参照)。

■インフォメーション
○アメリカ食品薬品局のリコール・リリース=www.fda.gov
 リコールされた「コアラズ・マーチ」の商品画像=www.fda.gov
○米国ロッテ社のオフシャルサイト=www.lotteusainc.com10月末現在、閉鎖中
○上海江崎グリコ「上海江崎格力高食品有限公司」のオフシャルサイト=www.glico.com.cn
○NEW YORK 2008 CHOCOLATE SHOW=www.chocolateshow.com
 会場:ピア94=711 12th Ave. & 55th St./212-889-5112
 入場料:一般28ドル(子供2人まで一緒に入場可)

2008年10月31日号(vol.177)掲載
Copyright © 2000-2008 S.Graphics all rights reserved.
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:56 | 2008年10月号

vol.38■tocoloco local news

f0055491_9493420.jpgイザ!という時のために、着メロにキープしておきたい曲?
心臓マッサージに効果アリ!「ステイン・アライブ」

●16日、ロイター通信が伝えたところによると、心臓発作を起こした患者に行う「胸部圧迫による心臓マッサージ=心臓蘇生法」に、往年のディスコミュージック「ステイン・アライブ」(Stayin' Alive)が最も効果的であるという——。これは、イリノイ大学医学部の研究チームが行った調査で、アメリカ心臓協会(AHA)が推奨する心臓蘇生法(CPR)の一定のリズム「1分間に100回」にほぼ近い「1分間に103拍」という数字が、同曲から得られたという。同大学のデイビッド・マットロック博士は、学生および医師15人を対象に「ステイン・アライブ」を聴かせながら、そのリズムに合わせてマネキンにCPRを行わせ、その5週間後、今度は音楽は無しの状態で、同曲のリズムを、各自思い出させながらCPRを行わせた結果、音楽を聴きながらの場合は「1分間に平均109拍」、音楽が無い場合でも「同平均113拍」というCPRに最も適した良い数字が得られたという。CPRには1分間で100拍を下回るよりも、より多い回数の方が効果が高いとされており、実際、AHAでも約2年前からCPRの訓練に「ステイン・アライブ」を使用しているという。f0055491_950873.jpg この命を救うかも知れない「ステイン・アライブ」は、1977年の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」でジョン・トラボルタ(写真右)が踊り狂う時の曲で、イギリス出身の3人組「ビージーズ」(The Bee Gees=同左)のメガヒット曲だ。同研究チームを率いるデビッド・マトロック医師は「誰もが知っている曲のため、心臓マッサージの際、一定のリズムがとりやすい」と同曲による効果を説明。また、AHAの広報担当でもあるビナイ・ナドカルニ博士(ペンシルベニア大学)も「大学の授業で、心臓マッサージのリズムがなかなか取れない学生が、ステイン・アライブを聴きながら練習したところ、すぐに適切なリズムを修得した」と同曲の効果を推奨している。この曲を知らない世代なら「親や祖父母のために」、壊かしむ世代なら「自身や身近な人のために」——そんなイザ!という時のために、ケータイの着メロとしてキープしておきたい1曲かも知れない。それにしても「Staying Alive」のタイトルも出来過ぎ?「同曲には正しい速度が保たれる効果」があるとして、今月末に行われるアメリカ救急医学会の会合でも発表される。
■「ステイン・アライブ」(Stayin' Alive)が試聴できるサイト=www.lastfm.jp
2008年10月31日号(vol.177)掲載
Copyright © 2000-2008 tocotoco, S.Graphics all rights reserved.
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:48 | tocoloco

vol.175/8年<黒須田 流>

 tocotoco を創刊したのは2000年の11月だから今号でちょうど8年が経ったことになる。地球的規模からすれば8年という年月は屁のようなものだろうが、人の寿命から考えると軽んじられる時間の長さではないだろう。まあ、私の場合人生そのものに重みがあるわけではないのが……。それに、8年間tocotocoを出して来たと言っても、べつに私が何をしたというわけではない。私の役割といえば、このコラム用の拙文を寄稿することと発行に必要な経費を用意することぐらいである。それでも一応カネを集める、という責務がある。多少なりとも実社会での経験がある方ならtocotocoが儲かっているか否かすぐに判断がつくだろう。残念ながら後者である。しかし、社会とは厳しく残酷なもので儲かっていようがいなかろうがお構いなしに請求書は送られてくる。なので仕方なく、私はせっせと山へ芝を刈りに行ったり、河へ牌を捨てたりしているわけである。他にも方法はあるのだろうが、それが私にとっては一番手っ取り早いカネの稼ぎ方なのである。はたからすれば毎日ぐだぐだ遊んでいるように見えるのだろうが、これはこれで結構たいへんなのである。
 さて、tocotocoを始めてから8年の間に随分といろんなことがあった。ワールドカップとオリンッピックはぞれぞれ2回ずつあった。WBCが行なわれ、王監督率いる日本代表は初代チャンピオンになった。「911」も起った。戦争は今も続いている。米大統領もニューヨーク市長も変わった。日本の首相などあまりに変わり過ぎて覚えていられないほどである。地球はどんどん温暖化になっているらしい。コンピュータ、ケータイ、インターネットなどの普及率は高くなるばかりである。
 で、じゃあ世の中よくなっているのか?と問うてみると、私の個人的な見解を言わせてもらえば「NO」なのである。いや、良くなるどころこかむしろ悪く危険な方向に進んでいるように感じる。日本など「平和ボケ」なぞとノン気なことも言ってられず、その内どこぞの国に飲み込まれてしまうのではないかとさえ思える。
 かといって、世直しをしたいとか世の為人の為に何かしようという気はさらさらない。自分が生きてゆくことに精一杯で他人のことまでかまっている余裕などない。
 日本が、世界が、地球が、人類がどうなろうと私の知ったこっちゃない。その代わり、仮に全部滅んでしまったとしても、それはそれで仕方がないという覚悟ぐらいは持ち合わせている。そういう無責任な考え方はよくないと責められても、責任の取り方がよくわからない。いったい一市民に何が出来るというのだろう。痛みも傷つきもしない安全な場所から、ああでもない、こうでもない、と能書き並べることが責任ある生き方なのだろうか。自分に出来る小さなことをして自分は地域や社会へ貢献していると自己満足的に善人ぶっていれば許されるのだろうか。そうだこんな大国主導の権力者ご都合主義の世の中なんてぶっ壊してしまえばいいんだ、と罪のない人々を巻き込んだテロ行為のその先に輝かしい未来が訪れるとは到底思えない。何かをしても、何もしなくても、何も変わらない。抗ったところで所詮大流には逆らえない。ならば、自分自身を頼りに好き勝手に生きてゆくしかないだろう。たとえ流れ着く先が破滅という自分の意にそぐわない場所であっても……。それに、あの人と一緒なら滅んでも本望である。でも、きっとあの人は私とでは本意ではないだろう。嗚呼無情はアンルイス。
 そんなこんなで8年が過ぎました。読者をはじめ、ご支援をいただいた方々、本当にありがとうございます。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
*お知らせ* 同コラムのバックナンバーは「アンダードッグの徒」のオフィシャルサイトの書庫に第1回目から保管してあります。お時間のある方は、そちらへもお立ち寄りください。
2008年10月31日号(vol.177)掲載
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:47 | アンダードッグの徒

vol.164/流れ<友野コージ>

 麻雀をやるときに、僕が一番気にすることは「流れ」である。今、誰に運があるのか、自分の運はどの程度か、その流れを読みながら打ち方を変えていくのだ。麻雀には手作りにおける技術や、相手の手を読む技術もある。けれど、いくら論理的な技術に優れていても、流れを感じ取ったり、流れを引き寄せる、論理では説明しにくい勘所を押さえないと、絶対に勝てないと僕は思っている。自分より明らかに運が勝っている人間がリーチをかけたら、たとえ自分がかなり良い待ちでテンパッたとしても慎重になる。逆に、自分に運が来ていると思ったら、牌の来るままに手作りをして、かなり待ちの悪いテンパイでも即リーチをする。そして、僕が最も緊張感を持つのは南家のときである。点棒状況や相手によって方針は変わるが、南家のときに3900か5200であがることを考えることが多い。親の前だから千点でもいいから上がって親を引き寄せようと思っても、肝心の東家になったとき、配牌やツモに勢いがないことが多い。逆に大きい手を狙って、もちろん上がれればいいが、手作りに時間がかかり、その間に親に連荘されたらその人間に勢いがついてしまう。従って、3900か5200くらいの手で上がろうというビジョンを立てるのだ。
 流れというものは、本当に不思議で恐ろしいものである。ツイてないときには「なぜよりによって、この牌が当たるんだ」と、自殺したくなるような気持に陥る。しかし、ツイているときには、「いやー、ラス牌のカンチャンをよくぞツモった」と、天にも昇るような気持になる。

 この「流れ」というものは、何も麻雀や花札、トランプなどのギャンブルだけに言えることではない。スポーツなどにも明らかに流れというものがある。特に野球などを見ていると、つくづく流れというものを実感する。たとえば、前回のWBC。日本は世界一に輝いたのだが、この大会では絵に描いたような流れというものが感じられた。まず、予選で日本は韓国に敗れた。次に本選のリーグ戦で韓国に再び敗れ、アメリカにも敗れ、準決勝進出は絶望的であった。ところがメキシコがアメリカに勝利するという予想だにしなかった番狂わせが起こり、日本は準決勝に進出することになったのだ。一度あきらめていたことが、運によって復活する。ここで流れが日本に来たのである。そして、二度連続で負けている韓国が準決勝の相手である。実力が拮抗しているチーム同士で、二回連続で負けている相手と、流れが来ているときに三度目の戦いをする。これは、勝つことが約束された流れといっていい。無論、こんな分析をしたら、死に物狂いで頑張った選手に失礼であるが、ファンの楽しみとして言わせてもらうなら、流れが日本に来ていたのだ。そして、韓国に勝利して、勢いそのままにキューバにも勝利したのだ。
 今年の日本のプロ野球。阪神ファンの僕としては、話もしたくないほどがっかりのシーズンであった。ただ、悪い予感は、タイガースが大差で1位のときから、僕の脳裏をかすめていた。流れが良くないのだ。そして、流れを良くする工夫もなかったように思う。オリンピックのときに、藤川・矢野・新井という主力が抜けたことや、時を同じくして高校野球のためロードが続いたということは、前からわかっていることである。僕がイヤな予感をしていたのは、9月、 10月に流れを引き寄せるために、7月、8月の間に上手に「抜く」ということが見られなかったからだ。全試合勝とうとしているように見受けられ、それがファンとして心配だったのだ。監督、コーチなどにはマスコミやファンにはわからない内部事情などもあるとは思うが、勝手なことを言わせてもらえば、10試合くらい藤川をはじめとするJFKを休ませるくらいの時期があってもいいと思っていた。それを休ませるどころか、同点でも抑えの藤川を起用する試合が何試合もあった。負けている試合でもウイリアムスや久保田を起用する試合が何試合もあった。これは、麻雀でいうところの、断トツのトップで無理せずオリればいい局面で、全力であがりに行くような行為である。結果として、ジャイアンツに抜かれたからこんなことを言っているのでは断じてない。実は昨年も、状況は正反対であったが、同じ心境になったのだ。昨年は、9月を過ぎてから3位だったタイガースは猛追して、一時はトップにも立った。けれど、ラスト10試合くらいで息切れして、結局3位に終わった。昨年は追う立場、今年は追われる立場であったが、流れという意味で同じ心境になったのだ。昨年は、いくら猛追しても絶対にタイガースは優勝できないと思った。なぜなら、タイガースが猛追している頃、中日はいい意味で力を抜いていた。勝負所のために、あえてピークにならないようにしていたのだ。そういえば、落合は麻雀が好きだ。だから、勝負勘というものがあるような気がする。ジャイアンツも昨年はペナントレースで力を使い切ってしまったような感じだった。だから、プレーオフで中日にあっけなく敗れてしまった。でも、今年のジャイアンツは違った。数字的に見れば、8月以降、もの凄い勝率で勝ち続けていたが、原監督の表情や采配が昨年と随分違っていた。つまり、どこかに余裕を残しながら、けれど必死に戦っていた。選手起用でもベテランや怪我人を上手に休ませていった。そして、チームのピークをかなり終わり間際に設定していたのがハッキリと見てとれた。
 2位になったタイガースは、中日とプレーオフをしたが、僕はもちろん勝って欲しいという願望はあったが、「今年は終わった」と思って、たいして結果を気にしなかった。どう考えても中日に勝てる流れではなかったし、よしんば中日に勝ったとしても、ジャイアンツには絶対に勝てないと思った。ペナントレースで大逆転を許したジャイアンツに、再びプレーオフで負ける屈辱を目の当たりにしたくなかったから、もう中日戦で負けていいとも思っていた。結局、1 勝2敗で敗れた。紙一重の接戦のように見えるが、僕は負けるべくして負けたように感じた。第三戦、0対0で迎えた9回に藤川がタイロンウッズに決勝ホームランを打たれて負けた。タイガースの宝である球児を責めるつもりなど、毛頭ない。第一戦、0対2で負けている9回に藤川を投げさせた。藤川は三者凡退におさえたが、結局9回裏に点を取れずに負けた。第二戦は、勝っている状況で、藤川が9回を抑えて勝利した。もしも、というのは結果論ではなく、流れとして、第一戦に藤川を使わずに負けていたとすれば、第三戦に藤川がタイロンウッズにホームランを打たれなかったのではないか。僕はそう思えてならない。
……僕は、就任したときから岡田監督の采配には、ファンとして不信感を持っていた。でも、中日に敗れた最後の試合が終わったあと、岡田監督が顔をぐしゃぐしゃにして涙を流していたのを見たら、やはりジーンときた。
 タイガース万歳! サヨナラ岡田!
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
*友野康治オフィシャルサイト「LOVE MYSELF」へもお立ち寄り下さい。
2008年10月31日号(vol.177)掲載
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:46 | ニッポンからの手紙

vol.142/ライブ・IN・パリ<みぞけん/イラスト・ポスティックス>

f0055491_9441020.jpg

 パリにはたくさんの文化施設がある。オペラ座などのクラシカルな劇場や、小さい劇場まで至る所にある。一般的にフランス人はテレビを見るというよりは、映画館にいって映画を見る方だとし、劇場にも足を運ぶ。昔から娯楽文化にたけている国なのだろう。音楽の面にしても、クラシックが頻繁に聞けるし、日曜日の教会で行なわれている無料コンサートなどにいくというのも手である。ボクはクラシックの事はよく知らないので、知り合いが弾くとき以外は聴きにあまりいかない。どちらかというと、いわゆるライブハウスには頻繁に通う。情報誌に目を通しては、有名ミュージシャンや売れたてのミュージシャン、はたまた、全くの無名でも聴きにいく事は多い。入場料などの値段の設定が安めであるのが、気軽にいける理由の一つであろう。今回はパリのライブハウス、コンサートホールの紹介をしたいと思う。まずは大きなところからいうと、やはりスタジアム級の場所という事で、スタッド・ド・フランスとパルク・デ・プランス。スタジアムという事で、相当の動員数がある。もちろん有名なミュージシャンしかこのクラスでは演奏できない。どちらかというと、興行的に成功が見込まれるかの方がポイントは高いと思うが。スタジアム迄はいかないが、それなりに大きい場所というと、ベルシーとゼニッツという場所だろう。こちらの場所は、それなりに有名なミュージシャンが演奏する場所。特に外国から来るミュージシャンが使う場合が多い。フランス人のミュージシャンが一度は演奏してみたいと思っているコンサートホールはオランピアだ。かのエディット・ピアフ、イヴ・モンタンなどシャンソン系もさることながら、最近のポップスやラッパー迄もこのオランピアで一度はやってみたいようである。そのくらいフランス人にとってはステイタスのステージなのだ。中、少系のライブハウスというとたくさんある。マロキヌリー、ベルビロワーズ、エリゼ・モンマルトル、バタクラン、ラ・シガール、ポワン・エフェメール、etc…特にボクのお勧めの場所はヌーボーカジノである。10年前からこのヌーボーカジノの地域は、夜の街として栄えてきた場所。週末になるといまでもこの地域は賑わっている。そのなかでもヌーボーカジノはクラブとしても人気がある。ボクはこの場所の音響の良さが特に気に入っている。それに、300人程度のキャパシティーというのも程よい広さで気に入っているところだ。ぜひ、パリに旅行に来たときはライブ情報もチェックしてもらいたい。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2008年10月31日号(vol.177)掲載
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:44 | ヴェルサイユの鯖

vol.142/西洋と極東の島国に共通する数字<Takaki Matsumura>

f0055491_9413469.jpg「13」
 京都には愛宕山という山がある。この山には愛宕神社と呼ばれる神社があり、明智光秀が本能寺の変の直前に参拝したことでも知られている。歴史的には、こういったことで有名なのだが、この山にはほかにも、空也、法然、九条兼実などのゆかりの寺・月輪寺がある。今では、檀家はゼロ、さらに、継ぐ人間もおらず、このままいくと将来的には無くなってしまうのではないかという懸念もある。
 そんな寺を守るのは、1人の僧。その人は、修復の為に寄付をその道を通るハイカーに求めなんとかお金を貯めていた。ハイカーに求めるお金はもちろん高額ではないひとりにつき200円程度のものである。その代わりにさまざまな話しをしてくれる。昔の女の子は、7歳で結婚相手が決まり、13歳で十三参りをすませると、決して親元に戻ってはならないこと、その十三参りは京都の渡月橋が舞台であったこと、さらに言うと、その下を流れる川が、三途の川で、だから、永遠の別れを意味していたなど、一般的にいう十三参りとの話しの違いが、山奥に住む1人の僧から語られた。
 13という数字には、晴れやかな意味というよりも、むしろ陰の部分が多いことに驚いた。ここで、俗世にどっぷりと浸かっている私が、思ったことは、やはり「ジェイソン」の存在だ。彼が、登場するのは13日の金曜日。西洋と極東の島国に共通する13という数字。偶然なのか、はたまた、必然なのか。
 西洋では、13を忌み数としているようだが、ここ日本でも実は忌み数ではないにせよ陰の要素を含んでいるのは、興味深い。
 そういえば、裏稼業で生計を立てる13にまつわる人もいたっけなぁ。
「便器にはみだし」
 ずいぶん前から疑問に思っていることがある。その前に、食事をとりながらこの記事を読んでいる人がいたら、私の文章は、取りあえず、ご飯を食べ終わった数時間後にして下さい。くだらなさと汚さで気分を害される可能性があるのでご注意を。
 何の話かと言うと、個室便所の和式便器にはみ出したアレだ。たまーに見かけるアレは何だとつくづく不思議になる。誰がやっているのかももちろんのことだが、何故、そんな事態が起こるのかだ。どういう座り込みをすれば、そんなうまい具合にいってしまうのか、不思議で仕方がない。しかも目撃する時はたいてい、豪快にそれている。敬遠かと思うくらいにそれている。
 その光景を想像してみると、ものすごく我慢をしていて、もうズボンをおろしたら、即座に出てしまったくらいなのではないだろうか。そういう人に対しては、やはり同情せずにはおれない。しかし、そんな一般的に考えれば恥ずかしい行為をしてしまった人なのにも関わらず、それを隠さず、出て行ってしまうのは何故だろう? 目撃される可能性があるにも関わらず、それをそのままにして出て行く勇気が、あるのなら備え付けのトイレットペーパーで処理することなど雑作もないことだと思うのだが、残っているアレからは、そんな痕跡は見受けられない。
 トイレというのは、見られたくないという人の羞恥心から、個室が増えてきたと思うのだが…。そういうプレイを楽しんでいる人が、いるのかと本気で馬鹿な私は考えずにはおれない。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2008年10月31日号(vol.177)掲載
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:43 | Kamakiri no ashi

vol.84/帰って来たアメリカナイズ<むかでのすきっぷ>

巨食症になる(2)
 ところで皆さんは、『Supersize Me』という映画をご覧になられただろうか。この映画は、2004年5月に発表されたのであるが、映画に出て来る主人公モーガン・スパーロックが、“マック・アタック“と称して、1日約5000Kcalのマクドナルド・メニューを毎日食べ続けるという企画である。一体人間はマクドナルドの食べ物を食べ続けると、どんなになっちゃうのかしら?という素朴な疑問にお応えすべく、勇敢な主人公がチャレンジしたというノン・フィクションである。
 因みに普通の成人の摂る1日の必要カロリーは2000~2500Kcalと言われているのだから、このアタックはその2倍に匹敵している訳であり、フツーに考えれば、どんどん太って来るに違い無いのである。又、彼が作ったルールによれば、お店の人からスーパーサイズを勧められたら、必ずスーパーサイズを注文しなければならないという、大橋巨泉先生司会のクイズ番組『クイズ・ダービー』の倍率アップさながらの危険なルールなのである。案の定、この主人公は、実験開始後、約1ヶ月で体重が84Kgから95Kgとなり、体脂肪率も11%から18%になり、明らかにおでぶさんになってしまったのである。然しこの映画はそれにとどまらず、収録の最後の頃には、性欲減退や肝機能障害に陥るなど、様々な関連疾病を引き起こす結果となったというから、おっかない話である。
 まぁ一言で言えば、西洋版“黄金伝説”な訳であるが、それにしても、命の危険が危ないところまで突き詰めちゃうという体当たり企画には脱帽であるし、きっと日本のメディア関係者も驚かれたに違い無いのである。そう言えばむかでも昔日本で、カップ・ヌードルを1ヶ月連続で食べると高脂血症や肝臓障害を起こすと言う話を聞いた事があるのである。
日本ラーメン協会副理事長で、“ラーメン王”として知られた武内伸(たけうち・しん)さんが本年7月、肝硬変のためお亡くなりになられたのだが、彼は医師の忠告も聞かず、一日三食、毎日ラーメンだけを食べ続けられ、人生通算で4000食のラーメンを食されたのだそうである。半生を賭してラーメンを極められるなぞ、並の人間には出来る事ではないのである。そのご尽力に敬意を表すると共に、改めてご冥福をお祈りしたいのである。

 しかし、むかでの場合には、武内さんのようなポリシーも無く、単純にご当地でスーパーサイズなお料理に舌鼓を打っているから慣性的に食事量が増え、結果太ってしまっただけなのであるが、中には精神的なストレスなどで食事量が増えてしまう方々もおられるようである。そもそもこの“巨食症”は、医学的には『神経性大食症』(Bulimia Nervosa : BN)と呼ぶらしい。あのエルトン・ジョン先生などもそうらしいし、カレン・カーペンター女史などは、拒食症になっただけでは無く、時折訪れる巨食症発作にも悩まされておられたというからお気の毒な限りである。又、ダイアナ妃なども、昨今では英国ゴシップ誌などの暴露記事などでご案内の通り、古式ゆかしい英国王宮での窮屈な生活や、馬面の癖に女癖の悪い旦那のせいで心労が絶えず、巨食症に陥ってしまったという話もお聞きするのである。又、幼児などの時期に虐待などを受けた方は、潜在的にBNになり易いとも言われている。きっと虐待による精神的ストレスを、食欲に転化する事によって発散しようとする人間の自然な行為なのかも知れない。

 このように、人類の食習慣や肥満を考えてゆくにつれ、むかではひとつの疑問にぶつかったのである。それは、“胃拡張って一体何なのか”である。その辺をひとつ、深掘りしてみたいのである。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2008年10月31日号(vol.177)掲載
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:40 | ご無沙汰むかで

vol.63/ヒロシさん<秋野マジェンタ>

 突然、ヒロシさんのことを思い出した。私が学生だった95年に出会った。ある日、ルームメートが「おもろいオッチャンがおるけえ、会ってみんちゃい。」って、連れて来た。
 確かに、おもろいオッサンやった。オッサンゆーても、今の私より二つ三つ年下やったと思う。ヒロシさんが話す海千山千の破天荒な体験談に、「このおっさん、ヤバいんじゃなかろうか?」と、どこかでうっすら思いながら、それでも抱腹絶倒していた。オーストラリアで、「連れ」の誰々が酔って暴れて、現地の警察につかまりそうになって、あん時は一生で一番真剣に走ったとか、ハワイ行った時、「連れ」がああしたこうしたの武勇伝…。
 やっぱただモンではない!と確信したのは、日本から海外へ向かう途中の機内での出来事を聞いた時のこと。「隣に座ったオネーちゃんと世間話になってんけどな、そのうち向こうが眠いとか言って、膝枕してくれって言いよんねん。ま、ええかと思ってたら、そのネーちゃん、オレにいきなり、パクっとしてきよってん。」
樽みたいな体型して、いつもオーバーオール着て、愛嬌たっぷりのヒロシさん。けど、そこはかとなく、微かに、でも確かに、オトコの迫力と色気がにじむ。それが、異様でおっかない。そもそも何してる人なのか、絶対に教えてくれんし。
 しばらくして、「ヒロシのおっちゃん、最近見ないな」と思っていたら、ルームメートが、「ヒロシさん、もう日本帰ったんじゃと。」そして彼女は、こう付け足した。「京都のヤクザで会津小鉄って知っとる?ヒロシさん、それの甥っ子なんじゃと。」会津某なんて、そん時は知らんかったけど、「どうりで・・・」と納得。13年前の話やで。
 付かず離れず約2か月。その間、暑い日もあった。でもヒロシさんは、いつも長袖Tシャツを着ていた。当時は気付かんかったけど、今思えば、全身に竜が踊っとるんやろなあ。
 あ。そもそも、ヒロシさんを思い出したのは、YouTube.comで遊んでいる最中だった。「日本の伝統的な刺青の施術を見たい!」と強烈に欲した私は、早速ビデオクリップを検索。おお、出るわ出るわ。刺青は気絶寸前の痛みを伴うように聞いたか読んだかしたことがあったが、YouTubeの中の任侠の徒らは、達観したような目をして、じっとテレビ画面(の向こう?)を見据えていた。「シャブ」でも打ってるんだろうか?でも、「痛み止め」なんか打って、仲間にバカにされたりはしないのだろうか?あれはやはり、素面で我慢なんだろうか?
 そのうち、ヤクザの抗争だの、一斉検挙だのというビデオも出て来て、そんな中で、会津小鉄がインタビューに答えている映像に当たった。で、ヒロシさんを思い出した。と同時に「そっくりじゃ〜!甥っ子いうんは、ホンマやったんやなあ・・」
 ヤクザなんてゴキブリだと思うが、袖触れ合った人にはハッピーでいて欲しい。ちょっと複雑。
(原文まま)
*掲載号では、誤字、脱字は校正し、編集したものを発行*
2008年10月31日号(vol.177)掲載
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:38 | オンナの舞台裏

vol.55/THE untitled<腕前建設>

■どこか、間違ってやしないか——。
 今の日本の若い人たちは、所、相手など構わず(選ばず)、絵文字を多用(乱用)しているのだろうか——。
 ここ最近、日本の物件探しで、大手、弱小を問わず、アチコチの不動産斡旋業者とeメールを交わしている。しかし返ってくるメールの大半は「絵文字」付きである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日はお問い合わせいただきまして有難う御座いましたm(----)m
この度は物件お問い合わせ頂き、ありがとうございますっ(=゜ω゜)ノ
この時期は良い物件、安い物件から無くなるのが現状です(>_<)
お問合せ頂いた物件、現在1室のみ空きございます(^v^)
それでは、失礼致しますm(__)m
お待ち致しておりますっω_(゜゜ )//
何卒よろしくお願い致しますm(----)m
ぜひお早目のご来店をお勧めします(^?^)
ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせ下さい☆♪☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 感嘆符「!」は極当たり前で、音符「♪」や、星「☆」なども、句点「。」の変わりに用いられている。しかも、問い合わせに対して、取りあえずの礼の意を示す「ありがとうございます」の語尾や、来店を誘致するための「お待ちしております」などの語尾にも、小さな「っ」が入り「ありがとうございますっ、お待ち致しておりますっ」となる。これら営業メールでだ。もし、店頭を訪れて相談する場合、相手はタメ口なんだろうか。それとも客の年格好をみて即時判断するのだろうか。相手が見えないeメールでは「相手が希望する物件タイプや希望する場所」から大体の年齢を想定して、こういう馴れ馴れしい返答になるのだろうか。
 どこか、間違ってやしないか——。

 さらに、帰国するに当たって「ムービングセール」の告知をインターネットの掲示板でしてみた。すると意に反して、結構な問い合わせがあり、その際、不特定多数の見知らぬ人とのeメールのやり取り(時間と手間)もバカにならない。帰国後、再度購入しなくてはならないモノも多数あり、本当にバカバカしいが、それらを持って帰ろうとすると、引越し費用が1000ドル単位で嵩むため、荷物のほとんどが「引き取りに来て頂けるなら無料です」というものだ。また有料であったとしても1ドル、2ドル程度である。それでも引き取って貰うために数回、eメールでやり取りし、日時を決め、モノを1つ1つ丁寧に梱包して、その都度、階下まで降りて挨拶を交わして手渡す。大きいに荷物を運ぶ時は、わざわざコンシアージで「カート」を借りて運んだりと、力仕事でもある。引き取りに来られる全ての人に「どうせ捨ててしまうから」と何かオマケのプレゼントを付けている。しかし、言うところの「モンスターペアレンツ」的な人に出会うのだ。
 一体、どういう了見なのか、全くもって私には分からない。「貰ったお皿が少しカケていました。どうすればいいですか?」「折角、ミッドタウンまで行くので、ぜひ取りに行きたいです」……。この「折角」の意味が分からないし、無料で差し上げているモノに「どうしたらいいですか?」と問われても「お嫌ならどうぞ捨ててください」としか言いようがない。「無料なら引き取りに行ってでも欲しい」と仰るから……という理屈は、どうも通らないようだ。
 どこか、間違ってやしないか——。

 作家、故司馬遼太郎は「竜馬がゆく」などの作品を著した旨を、自身のエッセイ「なぜ小説を書くか」で次のように語っている。太平洋戦争で敗れた時、指導者の愚かさを痛感し「昔の日本人は、もう少しはマシだったのではないかとの思いから記した」と。今、この時勢だからこそ、国の行く末に危機感を抱いてペンを走らせた彼の思いがヒシヒシと伝わってくる。末期的な世界経済の低迷、将来不安がつのる毎日。戦争こそ経験してはいないが、指導者の愚かさを痛感することに変わりはない。昔の日本人は、もう少しはマシだったのではないか——。いつの世も「昔は……」がカギとなる。
 今、宮尾登美子原作のNHK大河ドラマ「篤姫」が人気だという。従来のリサーチからも、到底、大河ドラマには絶対ハマらないとされている10代や20代前半の女性たちが、トレンディドラマを観る感覚で大河ドラマに釘付けになっているらしい。「篤姫」は幕末から明治維新に至るまでの激動の時代を、女性の視点から捉えたストーリーで、フジテレビの十八番「大奥」シリーズの流れの影響で、同番組などの時代劇にもスッと入り込めたのだろう。何でも自分の目で確かめ、考え、何に対しても決して背を向けず、常に毅然と立ち向かう篤姫の凛々しい姿に、ひょっとするとアニメのヒーローを重ねているのかも知れない。
 しかし、世も末、何か、間違ってやしないか——。
2008年10月31日号(vol.177)掲載
Copyright © 2000-2008 tocotoco, S.Graphics all rights reserved.
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:36 | THE untitled

vol.46/昼下がりの旦那さん<buku1905>

■雲がちぎれるとき。
風がゴーゴー吹いています。
(彼女は時々、「風がビョービョー吹いてる」なんて言い方をしますが、その表現は感心しないなと思います。)
この風が、なんで夏に吹かなかったのかと思います。
少し過ごしやすい夏になっただろうにと。
きっとこの風は、冬になると吹くのだろうと思います。
厳しい凍えるような寒さになるんだろうと。
声を出すのもシンドイ夜。
こんな大人になる予定ではなかったと思う夜。
将来、というより明日はどんなだろうと考えます。
それでも自分くらいは、自分のことを褒めなくてはいけません。
でないとやっていられません。
風はやっぱり、ゴーゴーです。
ビョービョーって吹かないと思います。

■エコバス。
人生は担々麺だと思う。
意味はみなさん各々が、よく考えたら良いと思います。
僕も、ちょっと考えてみます。(言いっぱなしってこと。)

■絶対イエローのマーチ。
男子たちで話をしたりすると
「女子は若い方がいい。」
なんてことになったりします。
全ての男子がそうなわけではないですが、
そんな男子が結構な数いたりします。
僕はあまりそういう拘りはなかったりするんですが、娘と一緒にいると、
「若いって凄い。」
なんて思ったり。
触れば、指が気持ちいいし。
話を聞いてたら、耳が気持ちいいし。
抱っこすれば、体重が心地いいし。
無茶な要求も、そんなに悪くない。
そんな風に思うので、
「パパ死んでみて。」
って言うのは止めて欲しいなあって思います。
そんな感じに思います。

■刺青の男。
職場の人に
「ブログをやってます。」
と言ってだけなのに、いつの間にか
「ぶくはポエムを書いている。」
ということになっていたりしてビックリなわけです。
人間の思い込みの恐ろしさを知る。
否定しても受け入れてもらえないので、
開き直って
「君は花。花の香りを纏って風の回廊を行く。ウォウウォウオー。」
なんて言ってみる。
「ブクはポエム作家」
と確定の話となり、更にビックリ。
夢よ覚めろと思います。

■恋することのもどかしさ。
なんだか色々面倒で、色々終わりにしておきたいと思ってみたり。
じっと手をみたり。
*原文は以下のアドレスへ*
plaza.rakuten.co.jp/dadamore/
2008年10月31日号(vol.177)掲載
[PR]
# by tocotoco_ny | 2008-10-31 09:34 | 2万円でどう?